■悲惨!?混沌としたJ2リーグ 降格組が勝ち抜くには■

早いもので、あと約2週間で2017年のJリーグも開幕を迎えようとしています。

 

昨年のJ1からJ2への降格争いは、最終節までもつれる大接戦の末、下記の3チームが降格となってしまいました((+_+))

16位 名古屋グランパス
17位 湘南ベルマーレ
18位 アビスパ福岡

そして今年からJ1に昇格する3チームはこちら↓!(^^)!

1位 コンサドーレ札幌
2位 清水エスパルス
3位 セレッソ大阪

 

今日は改めて、J2を見渡したときに”えっ!”と感じたので、こんなタイトルを付けました汗

興味がありましたら、最後までお付き合い下さい(__)

 

スポンサーリンク

降格組のJ2での立ち位置は?

昨年を簡単に振り返ると、J2への降格ライン(勝ち点)は例年よりも低いものになった。(勝ち点30)

 

福岡は残り3節を残しての降格が決まり、勝ち点は19。J1昇格1年での降格となった。

湘南は最終節まで粘ったものの、勝ち点3及ばずの降格。

名古屋はシーズン後半に小倉監督を排除し、闘莉王選手の復帰で、J1残留の兆しをみせるものの
巻き返し実らず、得失点差での降格となった。

 

まずは福岡から。

井原監督就任3年目となる、2017年シーズン。

注目は、名古屋から加入のFW 松田力選手、ガンバ大阪からDF 岩下敬輔選手
京都からMF 山瀬功治選手 といったとこだろうか。

 

次に湘南。

降格が決まってからのラスト2節、そして天皇杯のベスト16での柏レイソル戦
3連勝を飾り、準々決勝では延長の末、大宮に敗れはしたものの、とてもJ2へ降格するチームとは思えなかった。

J2降格で監督交代が噂されたが、留任が決定。
1年での昇格、最有力と思われたが、大誤算。 降格の代償は大きく選手がことごとく移籍。

 

そして名古屋。

初のJ2でのシーズンを迎えることとなった。

新監督に ”風間八宏” 監督を迎えての1年となる。

選手は、2016年シーズンから約20人近くの選手移籍という、大規模な改革が行われた。
注目はサンフレッチェ広島から移籍の”佐藤寿人”選手。移籍1年目からキャプテンマークも背負う。

スポンサーリンク

まとめ

現戦力でみてみると、正直、3チームとも厳しい戦いが予想されると私は思っている。

 

特に湘南は、選手の流出がどうしても目についてしまう。

その中でも、三竿雄斗(鹿島)、菊池大介(浦和)、大槻周平(神戸)
の3選手の流出は、致命傷に値するのではないだろうか。

 

福岡に限っては、J1での成績があまりにもよくなかったのが少し気になる。
というのも、過去にもJ1で早くから降格が決まったチームの、次シーズンの成績は芳しくないのが実情。

ただ、井原監督の采配には堅実なものがあり、しぶといサッカーが光ればおのずと上位がみえてくるかもしれない。

 

そして、最後となった名古屋に関しては、本当に未知数と言っていいのではないだろうか。

ただ、何もかもが初物づくし(監督、選手たち、ハードなJ2日程)で
それらを乗り越えれれば、1年でのJ1昇格がみえてくるだろう。

 

今度は、一方でJ2で迎え撃つチームについて、分析していきたいと思っているので、本日はこの辺で(__)
期待しててください!

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました^^

 

サッカー【football】
スポンサーリンク
ピクトをフォローする
教えて ピクトさん!

コメント