顔痩せは1週間でOK!<ほっぺた,エラ,二重顎>短期間で効果が出る方法

顔ヨガ

 

 

先日、友人が太ってきちゃって…と。

 

そして話を聞いていくと、特に顔にコンプレックスがあるとのこと。

 

小顔マッサージやいろんな器具を使ってなどなど、いろいろな方法がありますが、どれもいちいち器具を買ったり時間がかかったりと。

 

もっと手軽に短期間で効果が出る方法はないかとヨガの先生や知人に話を聞いていくと、「顔ヨガ」は?とのアドバイスをもらい、ちょっと調べてみると、すぐに「あっこれを顔ヨガっていうんだ」と、その存在は知っていたものの、これを顔ヨガっていうんだということは知りませんでした。

 

ちょっと言い回しが下手ですみません。

 

要はテレビや雑誌で見たことがあったけど、名前は知らなかったということです。

 

それまでヨガは何度かうけたことがあったものの、顔ヨガはやったことがありませんでした。

 

じゃこの顔ヨガが顔痩せに、実際に効果があるの? やり方はどうやるの? 実際にやっている方の評価は? などなど、気になりますよね。

 

そこで今回は、そんな疑問を調べてみましたのでぜひご覧ください。

あと私も実際にやってみたり、ヨガの先生の意見もお伝えしていきたいと思います^^

スポンサーリンク

顔ヨガのヨガってそもそも何?

顔ヨガのヨガ

 

 

顔ヨガの「ヨガ」っていう言葉は、もう一般的には知れ渡っていて、ヨガで有名なポーズにネコのポーズ(ネコが伸びをする姿勢)というものがありますよね。

 

というかあるんですが、これを「=(イコール)ヨガ」とイメージしてしまうと、おそらく多くの人は「ヨガ=伸ばす」といったイメージの人が多いのではないでしょうか?

 

ただ本来の意味合いはもう少し深くて、「苦痛からの解放=快適で安定した心を作ること」をヨガでは目的としています。

 

ポーズでは体の歪みが矯正され、柔軟性や体力が向上するなどの効果があります。

 

そこにプラスで、ゆったりとした呼吸や瞑想を組み合わせ、おだやかな精神状態を作りだすことができます。

 

それらを組み合わせた結果、歪みの解消体全体の引き締まり美しいプロポーションおだやかな精神状態を得られることがヨガの本質といえます。

 

ひとことにヨガと言っても奥が深いのがよくわかりますよね。

 

今回は顔ヨガについてですが、そもそもヨガの本質が分かっていないとただやっているだけになってしまうので、頭の片隅でもいいのでこんなような意味合いがあるんだと憶えておくといいかもしれないですね。

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガの効果は?

顔ヨガ効果

 

ここでは顔ヨガって何に効くの?ということに焦点をあてていきたいと思います。

 

こんな顔の悩みにも効くのかな?と疑問に思っている方も多いはず。

 

おそらく顔ヨガをやって悪いということは、ほとんどの方にないと思いますよ。

 

 

 

顔ヨガで美肌効果

 

美肌

 

顔ヨガは顔の表情筋を大きく使います

 

大きく使うことによって、血流が良くなり代謝アップが期待でき美肌につながります。

 

そして血管には毛細血管というものがあり、顔ヨガをやることによって、なかなか血液がいきわたりづらい血管の先端や細かい部分にまで血液が循環することによって肌のツヤや血色の改善が期待できます。

 

 

顔ヨガでリフトアップ

 

顔ヨガリフトアップ

 

普段の生活ではなかなか使わない筋肉を使い、言い方を少し強く言うと無理に筋肉を上に持ち上げようとするので顔のリフトアップにつながります。

 

そして顔ヨガにより筋肉が活性化してくるので、肌のたるみ予防やハリの改善に効果があります。

 

顔の脂肪を支えやすくするといったイメージがいいかもしれませんね。

 

 

 

顔ヨガで小顔

 

顔ヨガ小顔

 

これは脂肪が少なくなるというよりかは、顔ヨガをやることによって顔が引き締まるといった感じでしょうか。

 

肌にツヤやハリ、顔が引き締まることによって小顔になる(みえる)ということです。

 

 

 

顔ヨガで美髪

 

顔ヨガ美髪

 

血液は体内を循環して必ず顔や首周りを通って頭に流れていきます

 

頭に血液が行く途中の顔や首回りの血流が悪いと、髪の毛にちゃんとした栄養素がいき渡りません。

 

結果、髪の毛が痛んだりうまくまとまらないといった原因のひとつにもなります。

 

 

 

顔ヨガで吹き出物予防

顔ヨガ吹き出物

 

吹き出物で悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

血流が悪くなるとどうしても老廃物(身体に必要ないもの)を外に出すことが遅くなります

 

顔に関してもそうで、老廃物が顔に溜まった状態だと肌のトラブルにつながりやすいです。

 

なるべく普段から顔のコンディションを整えておくことが、吹き出物予防のひとつになります。

 

 

顔ヨガで物忘れ(ボケ)予防(改善)

 

顔ヨガ物忘れボケ予防

 

これも美髪や吹き出物予防につながるんですが、やはり血液は顔や首周りを通って頭に流れていきます。

 

年齢を重ねてくると自然と表情が小さくなったり、乏しくなってきます

 

そうすると頭(脳)にいく血液の量も少なくなりやすいです。

 

顔ヨガをやることによって物忘れ(ボケ)の予防や改善にもなります。

 

 

顔ヨガで気分もUP

 

顔ヨガ気分UP

 

これはやり始めて、顔ヨガの効果が実感出来始めた時に感じるものになります。

やはり肌ツヤや血色がよくなるなどの変化が出てくると鏡をみても嬉しくなりますよね。

あと写真を撮ったときや、周りの友人からあれ痩せた?化粧品変えたの?なんて変化に気づいてもらうとやっぱり気分も上がると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガ考案者の間々田佳子さん

顔ヨガ間々田

 

こちらが顔ヨガ考案者の間々田佳子先生になります。

 

間々田先生はテレビにも時折り出演しており、ヒルナンデス  、金スマスペシャルといった人気番組、雑誌やイベントでも大人気な先生です。

 

私もテレビで一度見たことがあり、その時に一緒に顔ヨガをやった憶えがあります。

 

けっこうインパクトがあるので、一度見たら印象に残るというか、なんとなく知ってるという人も多いのではないでしょうか?

 

 

間々田佳子さんの顔ヨガ効果

顔ヨガ効果

 

間々田先生も顔ヨガを考案するまでは、顔の大きさやハリなど悩みを抱えていたようですね。

 

そして顔ヨガをやることによってその悩みが改善され、今でもその若々しい表情をキープできているということです。

 

ビフォーアフターを比べると一目瞭然ですよね。

 

本人がこれだけ違うと効果があるんだということが分かりますね。

 

 

顔ヨガ実践者さんの顔痩せ効果

顔ヨガ効果

この方は5か月間、毎日顔ヨガを実践した結果になります。

 

ビフォーアフターを比べてみると、目の大きさ、肌のツヤ、顔全体のすっきり感が出ていますよね。

 

本来だったら年齢を重ねていくわけですから、衰えていくのが普通ですよね。

 

効果は人によって多少の差はあるものの、変化は必ず出るようです。

 

 

顔ヨガの本も出版

顔ヨガ本

 

この本は考案者の間々田佳子先生が出版したものになります。

 

13万部以上の売り上げをほこり、アマゾンでも4.3/5と高評価を得ています。

 

DVDも付いていて、まさにこの一冊に顔ヨガのすべてが詰まっています。

 

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガのやり方は?

ここでは顔ヨガの気になるやり方をご紹介していきますね。

 

やっている人の感想を聞くと、初めは恥ずかしいといった声が多いようですが、ここは小顔になるためには、と恥を捨てて小顔をとりましょう。

 

画像を使いながらポイントもお伝えしていくのでどうぞ。

 

 

正しい姿勢で効果up

 

正しい姿勢

 

姿勢を整えて行うとより効果的です。

 

1、イスに浅く座り、足を閉じます。

2、骨盤をたてて背筋を伸ばす。

 

この姿勢で行うことによって、顔の左右バランスも整えることができます

 

 

くちゃくちゃぱっのポーズ

 

くちゃくちゃぱっ

 

【やり方】

1、鼻から息を吸って、目、鼻、口を顔の中心に集めて、そのまま息を吐く。

2、息を吐ききったら少しその顔の余韻を楽しんで「ぱっ」と一気に顔を解放させます。

 

 

これは顔のストレッチというか顔の伸縮運動になります。

 

思いっきり縮めて息を思いっきり吐ききる。

 

思いっきりがポイントです。

 

 

ほうれい線に効くポーズ

 

ほうれい線

 

【やり方】

1、左右の口角をなるべく高く上げ、左右の口角の高さを同じにする。

2、キープしながら舌を思いっきり出し、舌先を上に挙げます。

3、舌の形をキープしながら舌を左右交互にゆっくり動かしていく。

 

 

このポーズのポイントは口角を上げることです。

 

上の歯8本(前歯を中心に)を見せて口角を上げます。

 

このとき下の歯は見えないようにしましょう。

 

そして喉の奥から舌を出します。

 

ポイントはいかなる時も口角を上げている状態をキープすることです。

 

大事なので2回言いました。

 

そして口角が下がってしまう場合は、左右の口角を手でおさえてもらっても大丈夫です。

 

慣れてくれば自然とできるようになりますので。

 

あと鏡をみながら口角が下がっていないかチェックしながらやるのもポイントです。

 

 

頬(ほほ)のリフトアップポーズ

 

頬のリフトアップ

 

【やり方】

1、下アゴを前に出し、下唇を口の内側に巻き込みます(アントニオ猪木やアイーンのイメージです)

2、1の状態を10秒キープします。

 

頬のリフトアップ

 

3、顔はキープしたまま親指と人差し指で輪を作ります。

4、気になる頬のお肉を輪の中に集めます。

5、下がった頬をグッと持ち上げて10秒キープ。

6、これを2~3回繰り返します。

 

ポイントはたるんだ頬のお肉を包み込んでグッと持ち上げるのが大事になります。

 

 

 

目のたるみに効くポーズ

 

目のたるみ

 

このポーズは特に上まぶたのたるみに効果抜群です。

 

【やり方】

1、リラックスして目を閉じます

2、双眼鏡をのぞくように人差し指を眉(まゆ)の上、親指を頬骨のあたりに置く

3、この状態からなるべく目を大きく見開く

4、眉や額(ひたい)を動かさないように目の周りの筋肉だけを動かすことを意識する

5、そして目を細める(目を細める時は視線をやや上にすると下まぶたのリフトアップになります)

 

ポイントは眉が上がらないように人差し指でしっかりと固定する。

 

目の周りがだるくなっていれば効いている証拠。だるさを感じるまで行いましょう。

 

 

【ダメなパターン】

目のたるみ

 

眉と額が動いてしまうと上のような写真になってしまいます。

そうすると額に横じわが出来てしまい、しわが深く刻まれてしまうので注意が必要です。

 

 

【出来ない場合】

いきなりやろうとしてもなかなかできない場合もあるので、そんなときは片方の手のひらで額をおさえて、目の周りの筋肉だけで目を開くだけでも効果的です。

 

 

 

このやり方を一度行った後のビフォーアフター

 

ビフォーアフター

 

 

ビフォーアフターを比べてみると、頬の位置と口角が上がっているのが分かりますね。

 

 

ビフォーアフター

 

変化が出ていますね。

ほうれい線がうすくなり、アゴと頬のラインがスッキリしました。

 

 

顔ヨガのやり方まとめ

 

いままで顔ヨガをやられたことのない方であれば、今回の体験者さんのように一度で変化が出ます。

 

一度で変化が出るのが顔ヨガの特徴と言ってもいいのではないでしょうか。

 

回数に関しては多ければ多いほど効果的です。

 

一応回数の目安というかこれぐらいというのは、くちゃくちゃぱっのポーズ以外は2~3回を1日2回以上といった形になっています。

 

そして一番始めのくちゃくちゃぱっのポーズは多ければ多いほどいいです。

 

そしてすべてのポーズを一度に全部やるのはとても大変で、続かなくなってしまう人も多いです。

 

なので生活の中で、ちょっと鏡をみた時に顔ヨガ、寝る前に顔ヨガといったちょっとした隙間時間に取り入れてあげることが続けるポイントになります。

 

そうすると顔ヨガが習慣化してきますので。

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガの期間(目安)は?

顔ヨガ期間

 

本では、1週間で-10歳顔、1日10秒とありますが、体験者さんのように1回で効果がでる場合もあります。

 

そして行う回数も、1日朝晩に先ほどのやり方を繰り返すといったものですが、始めはまずやってみることからではないでしょうか。

 

そしてだんだんと慣れてきたら回数を増やしていくといったように。

 

顔でも身体でもそうなんですが、運動をしないと表情筋(顔の筋肉)が衰えます

 

表情筋が衰えると、フェイスラインの崩れ、シワやたるみ、ほうれい線、二重顎、になってしまいます。

 

欧米人は日本人に比べると表情が豊かというか、表情(顔の動かし方)が大きいので、60~80%ぐらいの表情筋を使っていると言われています。

 

いっぽう日本人はというと、約20%ほどしか使っていないとのこと。

 

重力は常に下にかかっているので、例えば太っていない人が二重アゴになっている。といった場合は、表情筋が衰えて頬や輪郭などの脂肪を支えれなくなってしまい、それが最終的にあご周りに集まってきて、二重アゴの原因となります。

 

日本人は欧米人に比べ、骨格的にもたるみやすく、老け顔になりやすいと言われています。

 

なので、この顔ヨガで普段使わないような表情筋を使って活性化してあげましょうということですね。

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガの口コミ情報

顔ヨガ口コミ

 

 

基礎化粧品に頼るよりも、顔のストレッチもアンチエイジングには必要であることがわかります。
目がパッチリしてきて、おでこの表情ジワが減ってきた気がします。
女性だけじゃなく男性にもおすすめと思います。

 

自分では毎日顔を見ているので変化はわかりませんが、これを始めて1か月した時に帰省した母に「ほっそりしたね」と言われました。
あと、顔ヨガを始めて3日くらいした時に帰省するため空港で娘と一緒に写真を撮ってもらったのですが、その写真の顔の輪郭が明らかに違っていたことにビックリし、むくみにくい体質だと今まで思っていたけど、馬鹿にできないものだと思いました。

 

毎日やっているわけではありませんが、やるときは筋肉がピクピクいうくらい頑張ってますので、これからも頑張って維持していこうと思います。
効果はすぐ現れると思います。

 

 

口コミでもそうですが、やはり続けるのが大変みたいですね。

 

あとやるときには少し変な顔になるので、ひとりの方はいいですが、家族と過ごしているとちょっと気になるなんて人もいましたw

 

そしてやるときにはけっこう限界までやって、終わった後にやった感がある方がより効果的のようです。

 

ただ初めからそれをやっちゃうとやはり続かないと思うので、まずは1日1回から続けていき、徐々に回数を増やしていくといったようなことが大事になってきます。

 

昨日やらなかったからダメってこともありませんので。

 

なかには基礎化粧品よりも効果があるなんて口コミもありましたね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガの効果をより上げるコツ

顔ヨガコツ

 

これは若干復習にもなるんですが、顔ヨガを行うときに次のことに気をつけるとより効果があがりますよといったことをいくつか挙げてみました。

 

1、乳液やクリームを塗って顔がしっとりしているときや、お風呂に入っているときにやるのが効果アップ

2、筋肉を意識して効いている感覚を覚えましょう

3、ひとつひとつゆっくりと動かしてください。

4、始めは鏡を見て正しくできているかチェックしながら行いましょう。

5、最低5秒以上の負荷をかけましょう(ここでは10秒を基本としています)

6、始めの顔の形をキープしながら行いましょう

 

 

これらのことは顔ヨガを行う際にどのポーズでも大切になってくることです。

 

なので余裕が出てきたらこんなことにも意識してやるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

顔ヨガの注意点

顔ヨガ逆効果

 

顔ヨガである程度の顔の解消したいことは解消できると思うのですが、ただ1つだけ気になる点はしわが増えるんじゃないか、しわが深くなるんじゃないかといった点です。

 

どうしても大きく動かしキープするのでしわが気になります。

 

そんなときは顔ヨガを行う前の準備や、行った後のケアが大事になってくると思います。

 

顔ヨガをする前に肌をしっとりさせてから行ったり、顔ヨガをした後に、化粧水と乳液または保湿クリームでケアをすれば容易にしわの問題は解決できます。

 

そもそも何十分も同じ顔の形をキープするわけではないので、そこまで気にする必要もないのかなと感じますが。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

顔痩せから顔ヨガが効果がるということを知り、顔ヨガのい・ろ・はについてまとめてきました。

 

ヨガといっても現在はいろいろな種類があるヨガ。

 

今回は顔ヨガということで、顔ヨガ考案者の間々田佳子先生を紹介し、顔ヨガのやり方やポイントをご説明してきました。

 

何度も言うようですが、やはり一番のポイントは1日1回でもいいので、まずは続けることが大切になってきます。

 

そして、少しオーバーかなと思うくらいやった方が効果的です。

 

目的は普段の生活ではなかなか使わない表情筋をいかに使うかといったことなので。

 

なので変な顔になるわけですよねw

 

普段の生活で変な顔ってほとんどしないじゃないですか。

 

回数に関してもやはり多ければ多いほど効果的で、やりすぎっていうことはほとんどないと思います。

 

顔に疲労感が出るくらいやれればちゃんとできている証拠といった感じでしょうか。

 

私もヨガに行ったりマッサージをうけたりといろいろしていますが、この顔ヨガは場所も必要ないので、ご自宅で簡単にできるというのはメリットですよね。

 

ただなかなか続けることが難しいのがデメリットかもしれません。

 

まずは今日から少しづつ続けてみてみるのがいいのではないでしょうか^^

コメント