年賀状/一言添え書き〇選!親戚や友人へ/結婚報告(式後)のパターンも

年賀状

 

 

年末が迫ってくると毎年訪れるイベント。

 

そう、それが年賀状です。

 

年賀状に関しては、もう毎年恒例の行事といってもいいくらいですよね。

 

一時期はメールやSNSの流行に伴い、年賀状の需要が減った時期もありましたが、改めて年賀状の良さが見直されるきっかけにもなりました。

 

私も年賀状はもう時代とともになくなっていくんだろうなぁと思っていましたが、実際、お正月に年賀状が一枚も来ないと、それはそれで寂しいもんですね。

 

そんな年賀状をいざ送ろうと思ったときに、今はプリンターで印刷したり、お店にお願いしたりして、実際ご自身で書かなくても大丈夫な時代になりました。

 

ただ印刷の絵やイラストだけの年賀状って、なんか味気ないというか、物足りない感じがするんですよね。

 

イラストの隅に何でもいいのでなにか一言あるだけで、貰った方も気持ち違う感じが。

 

でも実際なにか一言を付け加えるにも、なんて添え書きをすればいいんだろうと悩んでしまう方も少なくないのではないでしょうか?

 

そこで今回は、年賀状に一言添え書きするには何て書けばいいんだろう?

 

結婚報告&結婚式後の年賀状のパターンもご紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

年賀状を書く前に注意したいこと

年賀状を書く前に

 

毎年、決まって送る方への年賀状、親戚や友人に。

 

そして来年には結婚式を控えている。

 

結婚式後、初の年賀状。

 

といったように、さまざまな状況の方がいることと思います。

 

ではどういった添え書きがいいんでしょうか?

 

と思う前に、他のサイトを拝見していると、さまざまな文例が出てくると思います。

 

ですが、せっかく年賀状を送るのに、決まった文例では面白くないですし、絶対もったいないです。

 

想像してみて下さい。

 

お正月にはたくさんの年賀状が、おそらくお相手のところには届くことでしょう。

 

そこに同じような添え書きの年賀状が届いたらどうですか?

 

少なからず印象に残ることはないでしょう。

 

せっかく貴重な時間をつかって、お金をかけて年賀状を送るわけですから、「感謝が伝わる」や「来年会ったときに話のきっかけになる」ような年賀状を送るべきだと私は思っています。

 

ここから先は、そんなことを意識して例を挙げています。

 

そこらへんはご了承ください。

 

ではいってみましょう!

 

 

年賀状/一般的なパターンは?

年賀状

 

毎年決まって送る方への年賀状はどういった感じがいいんでしょうね。

 

お相手もこちらに年賀状をくれることと思います。

 

「今年も年賀状が来た」といったような確認的な年賀状の場合も多いでしょう。

 

それはそれでいいとは思います。

 

基本的には、

 

・相手を気遣うような言葉

例1 いつもお心遣いありがとうございます。

例2 皆様お変わりないでしょうか?

 

・こちらの状況をお伝えする

例1 おかげさまでこちらは皆、元気に過ごしています。

例2 新しく家族が増えました。

 

・健康や幸せを願う言葉

例1 ますますのご健闘願っております。

例2 健康に気を付けて良い1年をお過ごしください。

 

 

このような本的な文言が一言入っていれば、失礼に当たることはまずないでしょう。

 

書き始めで悩んでしまうという方もけっこう多いのではないでしょうか?

 

ただ書き始めの言葉さえ決まれば、あとは相手との出来事やさまざまな想いが深くなれば深くなるほど、自然と言葉はでてくるものです

 

アドバイスとしては、書き始めの文言はあらかじめ2種類くらい用意しといて、そこから書いていくというのもありだと思います。

 

大事なのは内容なので。

 

そして書き始めの文言は短めのものをおすすめします。

 

例1 いかがお過ごしでしょうか?

例2 昨年はお世話になりました。

 

といったような感じで。

 

もっと極端に言ったら、「お元気ですか?」でもいいと思います。

 

ただひとつ気を付けてほしいのは、上記の例文は皆が使っているような文例なので、このような言葉をただ繋げただけだと、ぼやっとした文章になってしまう恐れもあるので気を付けてください。

 

大事なのは、書き始めや綺麗な終わり方よりも、相手のことをいかに思えているかの感情の部分です。

 

ではそれぞれのお相手に分けてみていきましょう。

 

 

年賀状/親戚へ送ろう

年賀状 親戚

 

なにかビジネスでつながっているといった場合や、関係性的に目上といった場合を除いて、よっぽどのことがない限り、関係性が崩れるということは考えづらい間柄です。

 

なので、添え書きの一言というのは、ご自身ひとりの場合は、一年間であったご自身と親戚の方との共通の出来事があればそれについて一言書くことがベストだと思います。

 

そしてご自身に、家族や子供がいるなんて場合は、その状況を伝える一言を添え書きとして書くのがいいと思います。

 

ご自身の何を相手に伝えたいのか?

 

相手はどんなことに興味があり、どのような言葉をかけられたら喜ばれるだろうか?

 

昨年一度もお会いしていないといったような場合だったら、〇〇の際にはぜひ寄らせていただきたいと思います。またお近くに来た際には○○

 

といった感じに、年賀状だけのつながりだけではなくてということを意識すると、お相手もより一層身近に感じやすくなるのではないでしょうか?

 

人は想像上のことよりも、実際に起こり得そうなことの方が、記憶に残りやすいものです。

 

 

年賀状/友人へは?

年賀状 友人

 

 

では次に、友人の場合はどういったものがいいのでしょう?

 

あくまで知り合いではなく、友人への年賀状です。

 

ここはあなたの普段お相手との話している雰囲気やイメージにもよりますが、ギャップを使うのもありだと思います。

 

例えば、普段ふざけた感じで話すことが多いのであれば、あえてかしこまったような添え書きで、こういったときはちゃんとしているんだなと感じてもらうこともいいでしょう。

 

そして、普通に会って話していたときにふと気になったワードを持ってくるのもいいのではないでしょうか?

 

何気なく話した内容なのによく覚えているといったように、自分の話をちゃんと聞いてくれているんだと相手は感じることでしょう。

 

人は自分を理解してもらいたい生き物です。

 

そして相手が思っていたイメージよりも、かけ離れていればいるほどリアクションも大きくなります。

 

あくまで友人なので、素を出すような感じがいいですね。

 

 

 

年賀状/結婚報告を伝える場合は?

年賀状 結婚式

 

 

年賀状で結婚報告を伝える場合は?

 

というと、ここから下にはすべて共通することなんですが、一般的な場合の年賀状よりも、ここからの年賀状の方がはるかに簡単です。

 

「年賀状/一般的なパターンは?」の部分を踏まえたうえで、あとは「結婚します」ということを伝えればいいだけなので。

 

「結婚する」ということだけで、サプライズですし、大きな出来事なわけで喜ばしいことなので。

 

なので、この場合は内容というよりも結婚したということの伝え方が大事になってきます。

 

間柄ですよね。

 

例えば関係性が強い方の場合は、

 

例1 ご報告が遅れましたが、私たちは昨年○月に結婚いたしました

例2 私たち結婚しました

例3 二人で新しい人生を歩み始めました

 

といったように思いっきりアピールしていくのがいいと思いますし、逆に関係性があまり強くない場合は、あえて伝えないというのもありです。

 

その場合は、文の最後に、「昨年私たちは結婚しました」程度に抑えて伝えるのがいいでしょう。

 

いまはペットのこんなかわいい年賀状もあるんですね。

 

【楽天】謹賀新年!年賀状での新年の挨拶におすすめ

 

 

年賀状/結婚式後の場合は?

年賀状 結婚式後

 

 

結婚式後の場合も同様に、結婚式に参加された方に出す場合は、結婚式への出席に関してのお礼を伝えるのが良いと思います。

 

例1 お心のこもったご祝辞、誠にありがとうございました

例2 おかげさまで楽しい結婚生活を送っています

例3 結婚式での受付を引き受けてくれて本当にありがとう

例4 近くにきたときはぜひ新居へ遊びに来てください

 

結婚式に呼んでいない方の場合は、関係性によりますが先ほどのように、文の最後に一言「昨年私たちは結婚しました」程度に伝える形でいいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

年賀状まとめ

年賀状まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、年賀状のQ&Aについてまとめていきました。

 

年賀状は、出さなければ出さないでいいといった意見もありますが、中には一回出してしまったがために、毎年出す羽目に…といった方、仕事のつながりで出さざるをえないといった人も多いのでは?

 

どんな理由であれ、どうせ出すなら相手に少しでも印象に残るような年賀状を出したいですよね。

 

1年に一回ですし、相手のことを思いながら書くというのは、少し時間はかかるかもしれません。

 

ですが一言ですし、それで相手に伝わる年賀状を送れるのであれば、少し時間をかけて一言を添え書きしてみてもいいのではないでしょうか。

 

そして字が上手、下手といったことで悩まれる方もいますが、大事なのは、上手か下手かで気持ちが伝わるのではなく、「丁寧に書いてあるか、メッセージ性があるか」です。

 

そこさえ間違えなければ、必ず気持ちのこもった年賀状が書けることと思います。

 

1年の締めくくりの行事、年賀状。

 

今年は少し違った気持ちで年賀状を書いてみてはどうでしょうか。

コメント