田中英祐投手が戦力外…成績から理由を分析!今後の進路や引退も!?

 

国立の京都大学から知能派ピッチャーと期待され、千葉ロッテマリーンズにドラフト2位で入団した田中英祐投手。

 

ドラフト2位指名での入団ってスゴイですよね。

 

話題集めだけでとったというわけじゃなく、ちゃんと実力を評価してといった感じだったのでしょう。

 

話題だけだったらもっと下位での指名でもいいわけですもんね。

 

京都大学からプロ野球界へって、過去に居たんですかね?

 

京都大学初の快挙だったような。

 

もし居たようなら教えてくださいw

 

そんな田中投手も3年のプロ生活を送った末、2017年に戦力外通告が発表されました。

 

 

 

 

 

 

会社でいう解雇ですね。

 

プロの世界は厳しい…

 

そこで今回はそんな田中投手のプロ入り前からプロ入り後の成績、今回なぜ戦力外になってしまったのかについて触れていき、あと田中投手のこれからの進路について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

田中英祐投手/プロ入り前

田中英祐投手

 

田中英祐投手は小学校4年生から野球を始めたみたいですね。

 

生まれは兵庫県出身とのこと。

 

ダウンタウンと同じですね。

 

小学校の時にはさまざまなポジションを経験して、中学校で投手に転向したようです。

 

兵庫県の白陵高校へ進学し、1年生からエースピッチャーとして活躍。

 

ただ高校は決して野球が強かったわけではなく、3年間通して県予選3回戦が最高で、甲子園出場歴はなし。

 

大学は京都大学へ。

 

京都大学って…頭良かったんでしょうね。

 

しかも現役での合格だったそうです。

 

大学でも野球を続けますが、大学も野球が強いわけもなく…

 

東京大学も6大学野球に出ていますが、やはり弱いですよね。

 

京都大学も同じようなもんです。

 

ただそんな中でも田中投手の成績はかなり良くて、通算投球イニングは380.1回で、8勝31敗、防御率2.25と。ベストナインにも選ばれました。

 

防御率が光りますね。というかチームが弱いと個人成績で光るしかないですしね。

 

そんな成績もあって、日本代表にも選出されます。

 

そんなこんなで大学生活を送り、大学4年次には会社の内定を蹴って、プロ野球への志願書を提出。

 

その年のドラフト2位で見事、千葉ロッテマリーンズへの入団を勝ち取りました。

 

 

 

スポンサーリンク

田中英祐投手/プロ入り後

田中英祐投手/プロ入り後

 

田中投手の契約金は7000万円、年俸1500万円といわれています。

 

さすがドラフト2位ですよね。

 

この当時、京都大学からプロへということでかなり話題にもなりました。

 

2位での獲得はロッテとしても話題集めも若干あったでしょうが、活躍への期待も相当あったと思います。

 

田中投手は入団時にこんなコメントを残していました。

 

 

僕自身は意識はない。一プロ野球選手として活躍できるよう頑張りたい」と落ち着いた表情で、対戦したい選手に日本ハムの大谷翔平投手を挙げた。

 

 

対戦したい選手に大谷翔平選手を挙げていましたが、残念ながら対戦は実現することな戦力外を告げられてしまいました。

 

ロッテの球団本部長からはこんなコメントが。

 

最速149キロを誇る田中投手に「今まで例のない投手になってくれたら」と期待を寄せた。

 

大学時代でMAX149キロのスピードが出ていたんですね。

 

球団としても京都大学で頭も切れて、これから球威やストレートのスピードも、もう少し上がると見込んでいたと思いますが、なかなか難しかったようですね。

 

 

 

 

ピコ太郎っ!

こんな一面もあったんですねw

 

 

 

 

田中英祐投手/プロ入り後の成績は?

 

田中投手のプロ入り後の成績はというと、入団年の春季キャンプは1軍で迎えるものの、開幕は2軍スタートでした。

 

ですが2軍で成績を残し、その後すぐ4月29日の西武戦に見事先発で1軍デビューをします。

 

だが結果は、3回5失点で負け投手。

 

その後、計2試合に登板したが結果は残せず、2軍に降格という結果に…

 

2年目、3年目は1度も1軍に上がることはなく、2017年に戦力外を言い渡されてしまいました。

 

ロッテでのキャリアは3年間ということになりました。

 

ではなぜ田中投手は戦力外になってしまったんでしょうか?

 

 

 

スポンサーリンク

田中英祐投手/戦力外の理由

田中英祐

 

田中投手が戦力外になってしまった理由としてはこんなものが挙げられると思います。

 

2軍降格後に投球のフォームが固まらず実戦登板もままならない時期が続いた。といった点。

 

投球フォームが固まらないとコントロールが付かないので苦労しますよね。

 

今期は大活躍しましたが、西武の菊池雄星投手もフォームに苦しみましたし、シーズン中にも二段フォームでボークをとられるなどで雲行きが怪しかったですが、それも乗り越えました。

 

3年目のシーズンにはサイドスローにも挑戦しましたが、なかなかうまくいかず、1軍再昇格もかないませんでした。

 

サイドスローでバッターの手元で変化するボールに挑戦していたようですが残念です。

 

理由としては結局、田中投手の投球フォームが固まらず、ロッテとしても待ちきれなかったといった感じでしょうか。

 

あとロッテとしても今シーズンの成績は決していただけるものではなかったのも原因のひとつになったのではないかと思われます。

 

開幕からずっと最下位を走り、シーズンの早い段階で優勝の可能性がなくなりました。

 

チームも大改革が必要と判断したのではないでしょうか。

 

 

 

田中英祐投手/戦力外通告を受けて

 

田中投手からはこんなコメントが。

 

「来たかという感じ」

 

本人も薄々は感じていたんでしょうね。

 

それが今年現実となって、仕方ないかという気持ちもあったのかなと思われます。

 

本人も3年目のシーズンにかける思いは相当強かったようです。

 

ある意味、ラストシーズンとの思いでやっていたとのこと。

 

これが田中投手の今後にもつながってきます。

 

 

 

スポンサーリンク

田中英祐投手/今後は?

田中英祐投手/今後は

 

では田中投手の今後はどういった方面を考えているのでしょうか。

 

まずは戦力外をうけてこの選手を欲しいという球団があれば、他球団から声がかかるという選択がありますが、田中投手の場合はプロでの実績がほとんどないので、この可能性は低いのかなと思われます。

 

 

本人のコメントとしては、

 

「やることはやったという気持ちと、ちょっとずつ、最後は良くなって良いものも出始めたので、投げられる、投げたい、という気持ちと半々です」

 

と話していることから、引退もしくは現役続行の両方の可能性が考えられますが、おそらくは投げれる場所があるなら、現役続行という気持ちが強いのかなと思われます。

 

もし引退で野球関係の仕事を考えているならロッテへのフロント入りもあるのかな?と。

 

でも京都大学出身で25歳という年齢でこのコメントだと、この選択は考えずらいと思いますが。

 

そうなると次は戦力外の選手が挑む(毎年番組が組まれるほどの)合同トライアウトですね。

 

今年も11月が予定されています。

 

 

詳しくはこちらをどうぞ

BCリーグについて
BCリーグについて。BCリーグ公式サイト。概要、運営理念と各チーム紹介、ニュースリリースをいち早くご紹介します。野球をもっと楽しむサイト!

 

 

おそらくまずはここに挑むことになるのかなと。

 

そしてもしだめだった場合は、あきらめがついて引退も十分あり得ると思います。

 

あともうひとつの選択肢としては、社会人で野球をやって、再度プロに挑戦するといった選択もなくはないのかなと。

 

まだ年齢的にも若いですし、京都大学という経歴もあるので、選択肢は無限にありますよね。

 

逆にこれからの「田中英祐」としての活躍の方が注目かもしれないですね。

 

 

 

 

この記事の引用はこちらを参考にさせていただきました。

https://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK20589_S4A201C1000000/

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201710030000400.html

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はドラフト2位で京都大学からプロ入りした田中英祐投手についてまとめてみました。

 

この時期はプロ野球の優勝争いやクライマックスシリーズの陰に、戦力外という現実もあるんですよね。

 

実力主義のプロの世界で生き残るのは並大抵ではないと思いますし、毎年、「えっこの選手が?」といった選手も戦力外になっていたって聞きますしね。

 

田中英祐投手は京都大学卒で年齢もまだ25歳と若いです。

 

私としてはこれからの「田中英祐」の方が注目かなと思っています。

 

野球選手を続けるのもありだと思いますし、はたまた別の世界で、今度は野球を支える側にといった道も。

 

これからの活躍に期待しています!

コメント