騒音対策/賃貸マンションでやめさせるには?対策グッズもご紹介!

騒音対策

 

 

いまこの記事を読まれているということは、きっと「現在進行形で騒音に悩まされている」または「これからの為に」といった方がほとんどなのかなと思います。

 

私も以前に住んでいたマンション(賃貸)では騒音というか、上の階に住んでいた方のドタドタといった足音?等に悩まされている時期がありました。

 

まだ住み始めたばかりの頃だったと思います…

 

そして、その音というのは決まって、深夜の寝ているときが多くて…

 

静かだからか、余計にそう感じたのか。

 

こういった問題はマンションに住んでいると、誰にでも遭遇してしまう問題なのかもしれません。

 

そこで今回は、そんな騒音&隣人トラブルの対処法を心得ていきたいと思います。

 

そしてそんなときの対策グッズの紹介もしていきますね。

 

騒音問題の解決に、少しでもお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク

騒音対策/やめさせるには?

騒音対策/やめさせるには

 

 

では実際に、上の階の住人さん、隣人さんの騒音が気になり始めて、迷惑になるレベルまでになってしまった場合、その騒音をやめさせるには一体どうしたらいいのでしょうか?

 

順を追って見ていきたいと思います。

 

 

 

騒音対策/その壱

 

まずやるべきこととして挙げられるのが、大家さんやマンションの管理組合、管理会社に騒音をやめるように伝えてもらうということです。

 

第三者を介してということがポイントになります。

 

中には、直接自らが出向いて騒音に関していう人もいるようですが、これに関してはさらなるトラブルを生む可能性があります。

 

よく考えてほしいのは、常識的な範囲の考えがあれば、騒音を起こすということは考えずらいということです。

 

そして、どうしてもネックなのが、言われる側からしたら苦情になるので、言われていい気をするはずがありません。

 

もしその場は上手に話せたとしても、後々であの時といったように思い返されて、もめるといった事例もたくさんあります。

 

なのでくれぐれも、直接言いに行くということはやめておきましょう。

 

 

 

ちょっとポイント

ちょっとポイント

 

大家さんや管理会社(特に大家さんかな)にお願いする際には、個人が特定できない形で伝えてほしいと一言添えておくと安心です。

 

こういった世の中なので、そのあたりは大家さんも十分に理解されているとは思いますが、念のために。

 

よくエレベーターや掲示板といった場所に、「騒音の苦情」といったような貼り紙がされているのを、見掛けたことのある人も多いのでは?

 

あのような通知の仕方がベターなのかもしれませんね。

 

そして言ったからといって、その方がすぐにマンションを追い出されてしまうということは、よっぽどのことがない限りないと思っていただいて大丈夫です。

 

なのでそこは安心してください。

 

 

 

騒音対策/その弐

騒音対策

 

 

大家さんや管理会社に伝えても、なお騒音が続くといった場合…

 

そうしたら今度は、大家さん等が直接、騒音の原因となる住人さんへ注意をしやすくするための証拠集めが大事になります。

 

証拠集めといっても、それほど難しいことはありません。

 

まずは他の住人さんに聞いてみるということです。

 

おそらくあなたが騒音で悩んでいるということは、少なからず、他の住人さんも悩んでいる可能性が高いです。

 

なのでそれらの声も拾えると、大家さんに伝える際に、「複数の住人さんからも苦情が出ている」と言いやすい状況を作ることができます。

 

 

 

騒音対策/その参

 

次に騒音の被害状況を客観的に伝える為に、こういったものを使って対策するといった方法です。

 

 

【楽天】サウンドレベルメーター/小型

 

論より証拠じゃないですが、音を数値化する方法があります。

 

意外と安く買えるもんなんだなと思いませんでしたか?

 

そして音を測った日時等を、ノートに記録しておきます。

 

そうすると、いざというときの証拠として示せることができます。

 

そしてこういった機器やノートに記録をとって、といった行動を見れば、大家さんや管理会社の人も、その姿勢に本腰をいれてくれることでしょう。

 

 

 

騒音対策/その四

それでも続く場合

 

 

それでもなお、騒音が収まらない場合はどういった対策が考えられるでしょうか?

 

賃貸の場合は、部屋を借りている人の一定のルールを守るという義務があります。

 

賃貸でお金を払っているからといって、なんでも許されるわけではありませんよね。

 

ルールを守らず、周囲に迷惑をかけ続けるなら、大家さんや貸し主には「借り主が用法遵守義務を違反し、貸し主と借り主との間で信頼関係が破壊された」ことを理由に賃貸借契約を解除し、借り主に退去を命じることが可能となります。

 

そしてこういった対策をやっても、最悪改善されない場合は、もう法的処置をとるしかありません。

 

平穏な生活を騒音で害された場合、相手の故意または過失により精神的な苦情を伴ったとして、慰謝料の請求ができます。

 

裁判では、騒音計測器で測った数値などをもとに、「社会生活上の受忍限度を超えた」騒音であることを客観的に証明します。

 

そして騒音が原因で不調が続くといった場合に、病院で診断書を書いてもらうというのも効果的です。

 

ただここまでいってしまったら、もう引越を考えてしまうレベルですよね…

 

 

 

騒音対策のちょっとしたポイント

騒音対策/ちょっとしたポイント

 

騒音などのトラブルは、近所付き合いの希薄化が怒りを助長するといった傾向があると言われています。

 

なので、日ごろから例えば、エレベーターで会った際や、階段ですれ違ったときなどに挨拶をするといった、ちょっとした心がけも大切なのかもしれません。

 

これは騒音対策のポイントというか、コツといった感じでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

騒音対策グッズとは?

 

騒音対策グッズに関しては、例えば自分が騒音を起こさないといったようなようなグッズにはこんなものがありますよね。

 

【楽天】高機能フロアマット

 

 

ただ、相手の騒音に対しての対策グッズとしては、先ほどもご紹介したような「騒音計測器」といったもので、証拠をとる方法がほとんどのようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、賃貸マンションの騒音対策について触れていきました。

 

ざっとまとめると、

 

・大家さん、管理会社といった第三者を介す

・直接のクレームは避ける

・他の住人へ騒音について聞いてみる

・論より証拠

 

といった内容でした。

 

私も法的手段をとるというまではいきませんでしたが、やはり大家さんを介して、改善を求めたりもしました。

 

「夜寝れない」「せっかく家で静かにゆっくりしたいのに落ち着けない」といったことは、とてもストレスになります。

 

なので、もし現在進行形で騒音に悩まされているといった場合は、一日も早い解決を願っています。

役立つ知識【technique】
スポンサーリンク
ピクトをフォローする
教えて ピクトさん!

コメント