六甲ミーツアート2017/服装/雨のおすすめは?【コイモッシュが話題】

 

芸術の秋ですね。

 

今年も六甲ミーツアート<2017>が開催中です。

 

 

 

 

2017年は11月23日までの開催となっています。

 

 

ちなみに六甲ってどこ?

 

という方の為に、ちょっとだけ触れておきますね。

 

場所は、兵庫県神戸市、六甲山へ行く途中の六甲ガーデンテラス周辺で開催されています。

 

 

六甲ミーツアートへのアクセスは?

 

【交通機関】

六甲ミーツアート

【車】

六甲ミーツアート

 

詳しくはこちらをどうぞ。

六甲山ポータルサイト

 

 

ちょっと話がそれました。

 

そこで今回は、六甲ミーツアート<2017>に行く際の服装や、雨の日の対策についてまとめましたのでぜひご覧になっていって下さい!

スポンサーリンク

六甲ミーツアート<2017>への服装は?

六甲ミーツアート服装

 

 

季節が秋といっても、日によっては寒かったり、日差しがあれば暑く感じたりと服装のチョイスが難しいですよね。

 

 

 

六甲ミーツアート

 

 

 

ちなみにこれが現時点での神戸の気温になるんですが、だいたい最高でも20℃、最低でも11℃といった感じですね。

 

ただ注意点がいくつかあります。

 

それはまず、六甲山という山の中腹で開催されているので、上記の気温よりも2℃ほど低く見積もっておいた方がいいということです。

 

そして11月に入るとさらに気温が低くなることが予想されます。

 

なので、服装に関しては必ず長袖、長ズボンといったような服装が望ましいです。

 

そしてけっこう広いスペースでの展示になるので、歩きやすい、動きやすいといった服装がおすすめです。

 

夕方に行かれる、もしくは滞在される場合は、ダウンジャケットのようなものは、はなくてもいいと思いますが、マフラーや手袋といった小物はあった方がいいかなと思います。

 

あと山なので風があることも予想されるので、ナイロン製のものが軽くておすすめですね。

 

 

 

スポンサーリンク

六甲ミーツアート<2017>/雨の場合は?

六甲ミーツアート雨

 

 

そしてもし雨だった場合の服装や、開催情報について触れていこうと思いますね。

 

まず服装に関しては、雨の場合、先ほど述べたよりもさらに寒くなることが予想されます。

 

なので、雨の日に行く場合は傘もいいですが、かわいい雨具(レインコート)、ポンチョなんかもおすすめです。

 

 


【楽天】かわいいレインコート&ポンチョ特集

 

 

 

意外と安くて、しかもレインコートやポンチョを着ていると暖かいです!

 

そして傘で手が埋まらないですし、また別のシーン、例えば、スポーツ観戦やアウトドア、そういった点にも使えるので、ひとつあると便利ですね。

 

そして雨の日の開催については、公式サイトではこう書いてあります。

 

「雨の日は、また本来と違った見え方をします。そして雨の芸術を楽しんでいただきたい」

 

なので、雨で開催が中止になるということはありません。

 

ただし台風といった場合は、危険なのでもちろん中止ですね。

 

 

 

六甲ミーツアート<2017>/ある展示が話題に

 

現在、ある展示が話題になっているんです。

 

それがこちら。

 

 

 

 

面白いですよね。

 

一風変わった、アグレッシブルなアートって感じがします。

 

ロックンコイロールですね。

 

「ぜひ生で見てほしい」「めっちゃウケるっ」といった感想がとても多くて、テレビにも取り上げられるくらいです。

 

これを目当てに行かれてもいいかもしれないですね。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、六甲ミーツアート<2017>へ行く際の服装、雨の日の概要についてまとめていきました。

 

・服装は厚手のものを

・11月は防寒を

・雨の日はレインコートやポンチョがおすすめ

・鯉(コイ)モッシュだけでも見に行く価値あり

 

とのことでした。

 

やはり開催場所が、六甲山の中腹になるので、寒さ対策はしていった方がいいと思います。

 

ぜひ神戸に行かれた際には、足を伸ばして訪れてみてはいかがでしょうか。

コメント