打ち上げ花火下から横からがヒットしない理由?!君の名と比べてみた

スポンサーリンク

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

 

いよいよ夏の注目作、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が上映されます。

CMや情報番組でもだいぶ取り上げられ、僕も何回か観る機会がありました。

 

あなたはこの映画をどういった視点でとらえているでしょうか?

 

情報番組では「君の名は。」の第二弾的な扱いもされていました。

 

そこで今回は、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を少し変わった観点から記事にしてみたいと思います。

ちなみに今この記事を書いていますが、決してヒットしてほしくないからといった理由では書いていないので、ご了承願います。

ちなみにヒットしてほしくなかったらそもそもこういったような記事は書かないですよねw

 

スポンサーリンク

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?の作品情報

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

 

 

【スタッフ】

総監督 新房昭之   監督  武内宣之

原作  岩井俊二   脚本  大根仁

製作  市川南

 

【キャスト(声の出演)】

広瀬すず 及川なずな(ヒロイン) 菅田将暉 島田典道(主人公)

宮野真守 安曇祐介        松たか子 なずなの母

浅沼晋太郎 純一

 

【あらすじ】

とある海辺の町の夏休み。中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。

 

【上映時間】

90分

 

 

 

スポンサーリンク

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?はヒットする?

 

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、1993年に放送され、95年に劇場公開もされた岩井俊二監督の名作テレビドラマになります。

 

岩井俊二監督と言ったら「リリイ・シュシュのすべて」や最近では2016年に公開された「リップヴァンウィンクルの花嫁」といった、シリアスで思わず見入ってしまうような雰囲気を持った映画を作るのが光る監督ですね。

 

脚本の大根仁氏は「モテキ」や「バクマン。」といった話題作を手がけた人気脚本家のひとり。

僕も「バクマン。」は観ましたが、久しぶりに邦画でストーリ展開や構成が素晴らしく、ストレスなく観れた一本です。

 

そして総監督には、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之氏が担当しアニメ映画化が実現しました。

 

声のキャストには、ヒロイン役に広瀬すずさん、主人公に菅田将暉さん、ヒロインのお母さん役に松たか子さんと、どなたも超一流でテレビで観ない日がないほどの超引っ張りだこな面々が名を連ねています!

 

ここまで見てみて、あなたはこの「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がヒットすると思いますか?

 

あとあと、主題歌もすっごくて、ハチとしても有名な米津玄師氏が楽曲提供をしています。

サビはとってもキャッチーでかつ、センチメンタルな楽曲は心奪われ、そしてときめきますね。

 

 

 

 

とここまでみてきましたが、こんだけ揃えられると、少なからず観てみたいっ!って心が動かされませんか?

でも僕はここにヒントがあって、一度はみんな観てみたいって思うとおもうんです。

ただそのあとがどうかな??って感じていて。

 

「君の名は。」は初めて観に行った人が、「また観たいっ!」「何度見てもいいっ!」といった、「リピート率」ですよね。

それがすっごく高く、それがさらに話題となって、観に行ってなかった人も「そんなにいいんだったら私も観に行ってみようかな」と第二次ブームが来て、超ヒットロング作になりました。

今回の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」もここがカギになるかなと僕は思っています。

作品にかかる期待は相当なものがあり、爆発力は十分に秘めていると思います。

 

 

 

スポンサーリンク

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?と君の名を比べてみた

 

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?と君の名は

 

 

ここまであえて言わずに引っ張ってきましたが、あなたも私もほとんどの方が思っている、

 

「君の名は。」とかぶってるやん

 

ってとこではないでしょうかw

 

ではどのようにかぶっているのか、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」と「君の名は。」を比べてみました。

 

 

ストーリー

 

君の名は。は過去と未来の出会うことのない男女が突然入れ替わって、次第にお互いがひかれあっていくというタイムスリップ青春恋愛映画。

一方の「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は、もしあの時にもしまた別の道をもし選択していたらいったいどうなっていたんだろう。といった「もし」が連続する青春恋愛映画。

 

こう見てみると、ストーリーはそこまでかぶっていないようにも思えます。

 

 

映像やキャラクター

 

両方の作品を比べると、どうしてもキャラクターや絵が似ていると言われても仕方がないくらい似てますよねw

あと、pvや宣伝なんかの見せ方もそう見えてしまいます。

ただ僕としては、君の名は。の方が登場人物の絵は好きかなって。これはほんと好みによると思います。

映像はというと、やはり「君の名は。」は映像の美しさに定評のある新海誠監督ですし、君の名は。に分があるのかなって思っています。

 

 

楽曲

 

君の名は。はこの映画で一躍、超有名となった「RADWIMPS」

「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」は「DAOKO&米津玄師」のfeaturingsongとなっている。

 

正直、どちらもとてもいい曲で、君の名は。同様、「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」も映画にマッチしたつくりになっていると思います。

いまは映画と音楽のマッチ感によって映画の出来を左右するといっても過言ではないんじゃないかなと。

君の名は。のヒットも音楽の影響が大きかったのは間違いないと思います。

 

 

スポンサーリンク

総まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」がヒットしない理由というちょっとグレーというか違った視線で見てみたいという気持ちを含め、このタイトルで書いてみました。

そしてどうしてもこの「君の名は。」との比較は避けて通れないのかなとも思います。

でも「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の総監督、新房昭之氏はこう言っています。

もともとドラマとしてこの作品があったが、このストーリーはアニメでこそ輝く作品だ。

そして制作にあたっても、「君の名は。」よりも早く着工した作品で、二番煎じではないとも。

相当、意識しているのも事実で、世間からもそうみられているのも現状。

果たしてどんな結果になるのか、作品、評価ともに楽しみですね。

公開が待ち遠しいです。

コメント