ヒロミが24時間テレビで本銚子駅をリフォーム!前と完成を徹底比較!

ヒロミ24時間テレビ

 

 

毎年8月に放送される日テレ24時間テレビが今年も無事に幕をおろしました。

 

今年は過去の24時間テレビの中でも2番目に視聴率が良かったとの報道があり、瞬間最高視聴率は40%を超えたとか!

 

これを聞いて私もびっくりしました。

 

そして例年、24時間ランナーやメインパーソナリティーは誰がやるの?など毎年話題になりますよね。

 

今年は、日テレ初の試みとして24時間ランナーは当日に発表しますと、走者の発表を引っ張りに引っ張りました。

 

そして結果、走者は元陸上経験もあり、いま人気絶頂のブルゾンちえみさんが24時間ランナーとなりましたね。

 

もともと陸上経験者で年齢も若いということもあってか、比較的余裕での完走との声も見掛けました。

 

それよりも世間は、完走後で汗をかいているにも関わらずメイクがあまり崩れていない、なんでだ?という声の方が多かったように思いました。

 

ブルゾンちえみさんといったらやはりあのインパクトのあるメイクが特徴のひとつでもありますからね。

 

いかなるときも落とすわけにはいかなかったのでしょう。

 

まさにプロ意識の高さを感じました。

 

そして24時間テレビの企画としては、衝撃プロポーズであったり、ドラマであったりと盛りだくさんの内容にもなっていました。

 

そんな中で24時間らしいといったら変ですが、ヒロミさんが古くなった駅を自ら中心となってリフォームするという企画がありました。

 

そこで今回はそのリフォームをすることになった駅の全容をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

ヒロミさんの過去のリフォーム実績

ヒロミ

 

ヒロミさんといったら「DIY(自身で物を作る)」が得意で、最近ではテレビで芸能人の家をリフォームしたり、幼稚園をリフォームしたりといろいろな企画で活躍されていますよね。

 

始めは趣味程度に、好きだからやっていた程度だったようですが、その腕前もいまは、もはやプロ級とのこと。

 

ここではそんなヒロミさんの過去のリフォームの様子をご紹介していきますね。

 

 

 

ヒロミさんのリフォーム実績その壱

 

【リフォーム前】

ヒロミリフォーム

 

 

こちらが猫ひろしさん家のリフォーム前の様子。

 

物はたくさんありますが建物自体はかなり綺麗そうなので、リフォームというよりかは改造といった感じでしょうか。

 

普通に整理すれば綺麗にはなりそうですし。

 

 

 

【リフォーム後】

ヒロミリフォーム

 

そしてこちらがリフォーム(改造)後になります。

 

全く雰囲気が違いますよね。

 

照明の色を変えただけでもだいぶ違うと思いますが、壁越しに新たに作られた棚がすごいですよね。

 

これは既製品で買おうとしてもなかなか手に入らないですし、サイズ感もバッチリですね。

 

ただ右に置いてある照明はたぶんすぐ使わなくなるんだろうなとか思っちゃいました。

 

生活していくとあーいった照明って邪魔なんですよねw

 

あと花や木なんかもすぐになくなるかホコリまみれになっちゃうんだろうなぁとかw

 

Beforeの生活スタイルをみると特に…すみません、現実的な話をしてしまって…

 

ただビフォーアフターの違いはすごいですよね!

 

 

 

ヒロミさんのリフォーム実績その弐

 

ヒロミリフォーム

 

これははんにゃの川島さん宅のリフォームになります。

 

壁紙とテレビやソファなどの配置を変えただけで、こんなにも雰囲気が変わるんだと驚かされました。

 

質素な感じのお部屋から、ノスタルジックなお部屋に様変わりしてますよね。

 

 

 

ヒロミさんのリフォーム実績その参

 

ヒロミリフォーム

 

こちらは1Rで比較的狭いお部屋でのリフォームとなりました。

 

やはり照明を変えるだけで雰囲気はだいぶ変わるんだなと。

 

そしてBeforeの簡素な雰囲気から、一気にメルヘンチックな雰囲気になっていますね。

 

あとどのリフォームもそうですが、統一感がありますよね。

 

 

 

スポンサーリンク

ヒロミさんはリフォーム会社も作っていた

ヒロミリフォーム会社

 

ヒロミさんは芸能界で活躍する一方、実業家としての顔も持ち合わせています。

 

有名なのは、トレーニングジムを経営したり、スパのお店を経営したりと手腕を発揮しています。

 

そして、芸能界に復帰してからは趣味がこうじてかなんとリフォームの会社をも立ち上げてしまったとのことです。

 

その名も「ハチオウジ工務店

 

この名前の由来は地元愛からくるもののようで、シンプルですがなんかオシャレというかセンスを感じますよね。

 

 

 

ヒロミさんがリフォーム会社を作った理由

 

会社設立でヒロミさん本人からはこんなコメントが寄せられています。

 

「リフォーム会社設立」と大々的に報じられたが、将来的な展望を語ったことで誤解を生んだと主張。「ただのグッズ屋だよ。リフォームなんて、俺1人なんだからできるわけねぇだろ。俺とグッズ作る奴の2人だけなんだから」

 

確かにヒロミさんは芸能活動やジムの運営もありますしなかなかリフォームしている時間はなさそうですよね。

 

ただ将来的にはやはりリフォームができたらなという展望はあるようなので、これからの展開に期待しましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

ヒロミさんが24時間テレビでリフォームする駅の概要

ヒロミさんリフォーム

 

そしたらなぜこの24時間テレビで、この本銚子駅をリフォームすることになったのかについて簡単に触れていこうと思います。

 

本銚子(もとちょうし)駅は、千葉県銚子市にある銚子電気鉄道銚子電気鉄道線の駅のひとつになります。

 

いまは無人駅で、自販機と簡易トイレ、簡単な待合室がある駅になっています。

 

今回ヒロミさんが24時間テレビでなぜこの本銚子駅をリフォームするきっかけになったかというと、こちらの駅の前には銚子市立清水小学校という学校があるんです

 

通学で利用する小学生が非常に多いため、「小学生が安心して利用できるように」と小学生の安全を考慮して企画されたのがきっかけになります。

 

 

スポンサーリンク

ヒロミさんのリフォーム前の本銚子駅

本銚子駅

 

 

こちらが本銚子駅のリフォーム前の姿になります。

 

さすが築94年というだけあって古めかしさを感じますよね。

 

そして木造というか木造とトタンを合わせた造りとなっていますね。

 

これだと小学生が毎日利用するのに、安全面から見るとちょっと不安に思ってしまうのも仕方がないかもです。

 

 

 

本銚子駅

 

 

本銚子駅を普段から利用する清水小学校の小学生たちも今回のリフォーム企画でヒロミさんが現地を訪れ、本銚子駅がキレイになるということで大喜びの様子でした。

 

 

 

本銚子駅

 

 

実際にヒロミさんが現地の本銚子駅を訪れてみて。

 

近所の方からも、最近は老朽化により駅舎のいたるところが壊れており「暗い」「不便」といった声が挙がっているとのこと。

 

銚子電鉄としてもギリギリの経営状態なので、地元の有志を募って清掃するのが精一杯なのだという。

 

やはりこういったところにメスを入れるにはどうしてもこういったメディアの力が必要になってくるのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

ヒロミさんのリフォーム後の本銚子駅

 

本銚子駅

 

こちらがヒロミさんが手掛けたリフォーム後の本銚子駅になります。

 

外観はレンガ調で看板も新しくなり、綺麗になりました。

 

そして切符売り場や時刻表もオシャレな色合いとなっていますね。

 

右側の改札の鉄柱も新しくしたのかな?

 

大きさは変えず、もともとあったものの形をキープしているのもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

リフォーム後の本銚子駅の内観

 

本銚子駅内観

 

内観もステンドグラスを使ったり、痛んでいた部分を丁寧に補修していて、シンプルに仕上がっているように思います。

 

これでしたら小学生たちも安全に利用することができそうですね。

 

 

 

スポンサーリンク

ヒロミさんのリフォームに批判!?もの申させていただきます

ヒロミリフォーム

 

 

24時間テレビで本銚子駅をリフォーム後、ネットにはこんなコメントも挙がっていました。

 

「キレイにはなったが情緒もノスタルジーも無くなった」
「せっかくの風情が台無し」
「もう戻らないんだろうか」

 

これは鉄道ファンからのものだといいます。

 

確かにこういった意見が出るのは仕方のないことかなと。

 

どんなものでも必ず全員が全員、いいといったものはないと思うので。

 

これはやはりみんな立場や見方がありますし。

 

ただ今回のこの企画によって、良い面と悪い面を比べたら明らかに良い面が多かったのではと思います。

 

この企画によって、なかなか銚子電鉄さんや地域の方々だけでは駅を新しくできない。

 

ただ駅は老朽化を迎えていて、子供たちが利用するのに何かあったら心配という声に今回の企画でリフォームできて、安全面や小学生たちも安心して通学できるようになった

 

もうこれ以上ない企画だったと思いますし、地域の方の反応もかなり良いと聞いています。

 

そして今回の企画によって、この本銚子駅が話題になり新しくなった本銚子駅を観てみたいという方が出て、地域の活性化にもつながるかもしれません。

 

そして今回みたいな鉄道ファンの方からの意見も、これはこれで話題になり、プラスだと私は思っています。

 

昔の形を残したままリフォームという所には賛否両論あるのかもしれませんが、第一目的は何?に焦点をあててみると、今回のリフォームは成功だったんじゃないかなと感じました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回は24時間テレビの企画で行われた、ヒロミさんの本銚子駅リフォームについてまとめてみました。

 

ヒロミさんはテレビでもDIYを披露するほどで、中にはプロ級なんて声もあるぐらいの腕前の持ち主です。

 

最近ではリフォーム会社を設立してしまうほど。

 

そして今回、24時間テレビという場で本銚子駅をリフォームし、地元の方にも大変喜ばれ大成功に終わりました。

 

ただ一方、中には以前の風情やノスタルジーな雰囲気がなくなったなどの意見も上がったのも事実。

 

新しいことをやる、何かを変えるといったときに、すべての人に良いって思ってもらうのは難しいことなんだなと改めて感じさせられました。

 

でも新しくなったことによって、普段利用する人はもちろん、その駅を観てみたいと新たな人が本銚子駅を訪れ、少しでも地域が活性化し、さらに何か新しいものが生まれれば、今回の企画がさらに評価されるんじゃないかとも思いました。

 

僕も機会があれば本銚子駅を訪れてみたいと思います^^

コメント