アウトレイジ3/最終章のネタバレやラスト<結末>はどうなる?次回作も

アウトレイジ最終章

 

 

アウトレイジの3作目で最終章、アウトレイジ最終章が2017年10月7日に全国公開されます。

 

そこで今回は、アウトレイジ最終章の内容や結末は果たして…について予習していき、そしてアウトレイジの次回作情報もお伝えしていきますので、ぜひご覧になっていって下さい。

 

ちなみにこのアウトレイジ最終章は、北野武監督初の続編作品になるんです。

 

なのでその辺の真相についても迫っていこうと思います。

スポンサーリンク

アウトレイジ/過去の作品を復習

アウトレイジ

 

 

アウトレイジ最終章を見る前にアウトレイジの第一作、第二作(ビヨンド)の復習をしといた方がスムーズにアウトレイジ最終章に入っていけるかなと思います。

 

ただ私としては、第二作(ビヨンド)を見て置けば十分かなと思っています。

 

別にアウトレイジ最終章だけ見ても十分楽しめると思っていて。

 

というのも、第一作に関しては続編を作ろうと思って作成していたわけではないとのこと。

 

ちなみに第二作は作成時から続編を意識して作っていました。

 

なので、第二作さえみればアウトレイジ最終章の復習は十分だと思いますね。

 

ただ第二作を見ると第一作が気になってしまうもんですが、それよりもやはり続編(最終章)の方が見たい欲にかられます。

 

私としては、第一作を見る価値は演者さんの豪華さかなと思っていて。

 

この映画は皆さんもご存知の通り、次々と人が居なくなっていってしまいますよねw

 

居なくなってしまうんです。

 

それは有名俳優さんに限らずですw

 

なので、もし第一作で好きな俳優さん、例えば椎名桔平さん、北村総一郎さん、杉本哲太さんなんかは第一作にしか出演していません。

 

塚本高史さんも第一作のみです。

 

それを言うと第二作(ビヨンド)も小日向文世さんを始め、三浦友和さん、加瀬亮さん、中尾彬さん、桐谷健太さんなどなど。

 

が、第二作で見納めとなります。

 

小日向文世さん、三浦友和さん、加瀬亮さん、なんかは第一作にもメイン張りの出演をしていたので残念ですね。

 

しかし第二作からは新たに西田敏行さんが起用されました。

 

釣りバカ日誌をはじめ、数々の作品に出演されていますよね。

 

西田敏行さんの第二作への影響力は半端なかったですし、最終章でも半端ないと思うので大注目です!

 

 

 

 

『アウトレイジ 最終章』公開記念!3分でわかる「アウトレイジ」シリーズダイジェスト

 

 

こんな動画を見つけて見てみたんですが、これがまたうまくまとまっていて。

 

第一作~第二作の復習は上記↑の動画を見ておけばバッチシな内容でした!

 

時間がない方や、ざっと内容だけ知りたいなんて方にはもってこいの動画になっていますよ!

 

 

スポンサーリンク

アウトレイジ/最終章の概要

 

アウトレイジの過去の作品の復習についてはこれくらいにしといて。

 

ここからはアウトレイジ最終章の、まずは出演者や相関図を見ていきながら、内容に触れていき、最後にはアウトレイジ最終章のラストについて考察してみましたのでぜひご覧ください!

 

 

 

アウトレイジ/最終章の相関図

 

アウトレイジ/相関図

 

 

今回、大友(ビートたけし)が所属する「張グループ」

 

日本に居られなくなった大友は、張会長の力で大友を韓国へ逃がすことに。

 

大友の相棒役として市川(大森南朋)が一緒に行動する。

 

前作でいう木村(中野英雄)の立ち位置に近いですね。

 

ちなみにフィクサーって?と思われる方もいるのではないでしょうか?

 

フィクサーとは「正規の手続きを経ずに決定に対して影響を与える手段・人脈を持つ人物」

 

アウトレイジでいうフィクサーは、日韓で強大な影響力をもつグループといった意味合いでしょうか。

 

 

 

 

アウトレイジ/相関図

 

 

そして今回その大友が所属する張グループと相反するのが、日本で最大勢力となった「花菱会」

 

新たに大杉連さんや、岸部一徳さんといった豪華俳優陣を迎えての組織となりました。

 

西野演じる西田敏行さんが若頭なんですね。

 

 

 

 

 

アウトレイジ/相関図

 

 

そしてこちらが前作で花菱会の配下になってしまった「山王会」。

 

そして警察組織には、片岡演じる小日向文世さんが前作でいなくなってしまったので、代わりに平山(中村育二)さんがその位置に。

 

正直、第一作~第二作にかけて一番悪い奴は、片岡(小日向文世)だったと思いますけどね。

 

きっとそう思っている方も多いはず。

 

 

 

 

アウトレイジ/最終章から新登場の出演者

 

アウトレイジ/最終章

 

 

今回のアウトレイジ/最終章から新たに出演が決まったのは上記の黄色枠で囲った俳優さんになります。

 

お笑い枠から選出の「原田泰造」さん。

 

久しぶりの俳優として映画のような。

 

配役が決まったときには、北野武映画に出れると大喜びだったそうです。

 

 

念願の北野組、それも大ファンであるアウトレイジに出演することが決まったとき、うれしさのあまり雄叫びを上げていました。現場では北野監督の包容力がとても大きく、夢見心地と緊張感が入り混じった味わったことのない気分で撮影に臨ませていただきました。僕も皆さん同様暴走しております! 公開を楽しみにしていてください!

 

一応コメントを載せておきましたw

 

 

 

 

アウトレイジ/最終章の内容

アウトレイジ最終章

 

ことの始まりはやはり大友(ビートたけし)からになります。

 

アウトレイジビヨンドでやりたい放題しまくった大友。

 

出所後、山王会を壊滅的状態に追いやり、最終的には加藤(山王会会長)演じる三浦友和が山王会を引退し、その後さらに追い打ちをかけた。

 

最後には刑事の片岡演じる小日向をも消してしまった。

 

大友の復讐は完了とともに、花菱会と山王会との抗争からも手を引き、張会長の手引きのもと韓国へと場所を移した。

 

その後、花菱会の花田(ピエール瀧)が日本と韓国を股にかける巨大組織の手下とやりあったことによって新たな抗争が生まれてしまう。

 

そして韓国に身を置いていた大友が日本に再上陸することとなる。

 

そこから花菱会と張グループとの抗争が本格化していく。

 

 

 

 

アウトレイジ/最終章の見どころその壱

 

本質は大友と西野演じる西田敏行さんとの攻防になるのかなと思います。

 

というのも、普通に考えたら花菱会の会長になる予定だった西野(西田敏行)のところに、前会長の娘婿で元証券マンの野村(大杉連)がぽっと会長に就任してしまう。

 

それを当然良くは思わない、西野(西田敏行)や若頭補佐の中田(塩見三省)は、会長の座に着いた野村(大杉連)を目の敵に。

 

逆に野村も、西野と中田の間柄を割こうとする。

 

会の中での衝突も見どころのひとつだが、そこを乗り越えたところに大友と西野の攻防につながっていく。

 

果たしてその行方は…

 

 

 

アウトレイジ/最終章の見どころその弐

 

前作の加瀬亮演じる石原が、大友(ビートたけし)に詰められたシーン。

 

石原「なんでもします」

大友「じゃ野球すっか」

 

結果↓

 

バッティングセンターで石原が椅子に縛り付けられて、ピッチングマシーンのボールを顔に受け続けるというなんとも過激なシーンが流れ続ける。

 

そして今作(最終章)では、花菱会会長の大杉連が、大友に「じゃキャンプでもすっか」とのフリが入る。

 

前作を見ている方ならピンっとくるシーンだろう。

 

最終的に大杉連は土に顔だけ出して埋められてしまう。

 

こんな大友との前作からの流れのフリが入ってからの展開も、見どころのひとつではないだろうか。

 

ほかにもこんなコメディ要素がチラホラと散りばめられているとのこと。

 

 

 

 

アウトレイジ/最終章の見どころその参

 

「壮絶なバトルシーン」

 

これに関しては、この映画からは切っても切り離せない見どころのひとつでしょう。

 

圧倒的爽快感から、ハリウッド顔負けの大迫力。

 

映画とわかっているのに恐ろしくなってしまう臨場感。

 

まさに必見です。

 

 

 

アウトレイジ/最終章の衝撃ラストを考察

アウトレイジ最終章

 

 

北野武監督からこんなコメントがあがっている。

 

 

やくざって義理とか人情ってやたらと言うけれど、やっていることは裏切りや金もうけばかり。大友は、親分の指示で人を殺したのに破門されてしまう。やくざ本来の単純さや人情を持っている奴が生きられない不条理な世界なんだ

 

 

アウトレイジ最終章は、この大友(ビートたけし)のジレンマによる人間模様から、抗争終盤にはふと我に帰った大友がみれるかもしれない。

 

 

シリーズの最後は、ストーリーテラー的存在の大友が、すべて責任を取る形で完結しようと決めたんだ

 

 

このコメントから見る限り、大友がこの世界から足を洗うというよりも、もっと大きな出来事が待ち受けているのかもしれない。

 

この世界からいうよりも、この世から…ジ・エンド…なんて展開があってもおかしくはないだろう。

 

 

 

スポンサーリンク

アウトレイジ/次回作について

アウトレイジ次回作

 

 

アウトレイジの今後の予定は?という質問に対してこんなコメントが寄せられている。

 

 

「今は『アウトレイジ』の登場人物の子供時代をやりたい。張会長が青年で、大友がガキで鉄くずを拾ったり、上野のアメ横で商売をしたりして、日本のヤクザの中でのし上がっていく。そんな幼少時代を撮りたいと思っている。

 

 

続編というよりかは、スピンオフといった要素を強く感じる。

 

過去を振り返る、幼少期時代を。

 

これだと映画というよりかは、テレビでスペシャルドラマといったような形の方が現実的なような気がする。

 

そしてこれだったら先ほどの、「衝撃ラストの考察」での大友がこの世から…という展開になってもおかしくはないと思われる。

 

 

 

この記事の引用はこちらを参考にさせていただきました。

http://outrage-movie.jp/

http://www.sankei.com/premium/news/170930/prm1709300010-n1.html

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今回はアウトレイジ/最終章のネタバレを含め、過去を振り返って今作の内容や相関図、ラストの考察、次回作まで触れていきました。

 

第一作から見ている人であれば、当然最終章は見ると思いますし、いままでアウトレイジを見たことがない人でも十分に見る価値がある映画であることは間違いないでしょう。

 

そしてイタリアにて開催された、第74回ベネチア映画祭でもクロージング作品として放映された作品。

 

そしてアウトレイジの見納めということで、北野武監督作品の集大成となります。

 

しっかりと復習して見るのもよし、全く復習せずに目いっぱい見るのもいいのではないでしょうか。

私も上映まで楽しみにしています。

流行の話題【Trend】
スポンサーリンク
ピクトをフォローする
教えて ピクトさん!

コメント