香月弘美/舞台事故って?市川猿之助の事故<開放骨折>と紙一重!?

香月弘美

 

 

市川猿之助さんがワンピース歌舞伎の舞台で開放骨折をしたというニュースが世間を席巻しました。

 

この舞台事故を聞いて、香月弘美さんを思い出した方も多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、香月弘美さんの舞台事故の一部始終をまとめて、市川猿之助さんの事故との因果関係をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

市川猿之助さんの事故の原因

 

今回の市川猿之助さんの事故はスーパー歌舞伎ワンピースという舞台で起きました。

 

この事故は舞台の昇降装置に衣装が挟まり、そのまま左腕が機械に巻き込まれて起こった事故になります。

 

想像しただけで恐ろしいですよね。

 

昇降装置に安全装置は付いていなかったのでしょうか?

 

例えば、何かが挟まったら緊急停止するといったような。

 

今だったらありそうな気もしますが…

 

そして診断結果は、開放骨折ということで手術は必須で、今後の舞台役者としての仕事にも影響してくるような大事故になります。

 

後遺症が残らないといいのですが…

 

 

 

 

スポンサーリンク

香月博美さんの舞台事故とは?

香月弘美

 

 

香月弘美さんというと1950年代にさかのぼります。

 

当時、香月さんは宝塚のタカラジェンヌとして活躍していました。

 

胴体にスチームベルトというベルトを巻いて演じているときに、やはりこの時も衣装ドレスの裾がセリに挟まり、そのまま機械に巻き込まれてしまい、そのとき周りの演者や本人も必死に機械を止めてと叫んだらしいが、その声も届かず、香月さんは機械に巻き込まれてしまい、胴体が真っ二つになってしまうという、なんとも無残な舞台事故として知れられている。

 

ただ最近ではこの舞台事故や香月さんという人の存在をあまり表に出さないようにしているという噂もある。

 

だが、このような舞台事故が二度と起こらないように、特に舞台を仕事にしている人には知っておいてほしい事故であることは間違いないのではないでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

今回の舞台事故と香月弘美さんの舞台事故の因果関係は?

 

では、今回の市川猿之助さんの舞台事故と香月弘美さんの事故は同じようなことが原因で起きたのかというところだが、もし同じようなことで起きたなら、反省がいかされてないと言われてもおかしくはないと思う。

 

まだ今回の市川さんの事故に関してはすべての詳細がわかっているわけではないが、機械に挟まれてということは共通している。

 

当時と今とでは技術も進歩し、何かしらの安全装置が働き緊急停止というような処置が行われてもいいように思うが、実際今回こういった事故が起きたということは、少なからず対策が取られていないということが予想される。

 

市川さんは一命はとりとめたが、開放骨折は決して軽傷な怪我ではない。

 

一歩間違えば、香月さんの再来になってもおかしくはない舞台事故だったのではないだろうか。

 

 

 

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

今回は香月弘美さんの舞台事故についてまとめて、今回のスーパー歌舞伎ワンピースで起きた市川猿之助さんの舞台事故の因果関係について考察していきました。

 

あなたもだいたい事故の現場は想像できるのではないでしょうか?

 

想像しただけで恐ろしくなりませんか?

 

自分ではどうすることもできない状況での事故って…

 

こういった事故は二度と起こしてはいけないと思いますし、再発しないように対策を立てるべきだと思います。

 

市川猿之助さんの無事と後遺症が残らないように、そして一刻も早い舞台復帰を願っています。

コメント