Brise/佐藤ワイン(日本/山梨)をご紹介【グランメゾン東京】

 

グランメゾン東京第9話の中で放送された日本ワインに注目が集まりました。

 

やはりこういったドラマで紹介されると一気に話題を呼びますよね。

 

ただこのワインについて、さまざまな憶測や情報が飛び交っていました。

 

なので今回は、ドラマの話を踏まえたうえで、ワインをご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

グランメゾン東京で紹介されたワインはコレ!

グランメゾン東京/Brise

 

グランメゾン東京で紹介されたワインは、Brise(ブリーズ)というワインでした。

 

Briseはフランス語で「そよ風」という意味。

 

日本ワインで年代は2013年

 

佐藤葡萄酒株式会社(佐藤ワイナリー)

 

 

 

ドラマ内のセリフでも、

 

・フレッシュな酸味

・このワインの前菜を作りたい

・価格は2000円前後

 

と言われていました。

 

 

 

 

グランメゾン東京/Brise

 

グランメゾン東京/Brise

 

 

色合いから白ワイン。

 

コメントでは「前菜で」と言われているので、辛口でさっぱりしたワインということが分かりますね。

 

ここから「ワインを作った土地の食材を使いたい」と言って、ワインが作られた地元を訪れることになります。

スポンサーリンク

ワインが作られた土地、山梨県へ

グランメゾン東京/Brise

 

 

大自然のなか、富士山が真正面に見えると土地、山梨県

 

 

ドラマ内でも、

 

・雨の少ない土地

・日照時間日本一

 

と言われています。

 

 

雨の少ない県として有名な山梨県。

 

そして、日照時間日本一というのは「山梨県北杜市明野(ほくとしあけの)」になります。

年間日照時間は2939.5時間を観測。(一日平均すると、8時間以上)

 

日照時間が長いということは、自然と天候が悪い日も少なくなるということが、ここからも分かりますね。

 

 

 

グランメゾン東京/Brise

 

 

ぶどうの育成方法についても触れられていました。

 

日本ワインのぶどうの弱点を補うために海外ワインで取り入れられている「高畝(たかうね)式」で栽培がおこなわれています。

 

これは世界に通用するぶどうをつくる為に取り入れられた手法と言えます。

 

 

 

グランメゾン東京/Brise

 

 

ワインを醸造する際、アルコール度数の高さはブドウの糖度の高さに比例します。

 

ドラマ内でも「糖度20度」というキーワードが出てきます。

 

山梨の白ワインに古くから使われている甲州種はブドウとしては糖度が上がりにくく、潜在アルコール度数が10%に満たないものがほとんどでした。

 

アルコール度数が低いということは、風味や香りが控えめなワインになってしまう。

 

これが日本ワインの最大の弱点でした。

 

従来の甲州種を使ったワインは、良く言えば「爽やかで飲みやすい」、悪く言えば「ペラペラで水っぽい」と評されてきた過去があります。

 

 

 

ちなみに山梨ではこんな大きなワインが普段から飲まれているんですよ。

 


送料無料 一升瓶ワイン 2本セット(1800ml×2)ワイン セット 白ワイン 辛口 甲州ワイン 日本ワイン

 

 

山梨県産甲州100%の1800mlが、2本セットでこの値段は大満足価格ですよね。

 

しかも今だったら送料込みで購入可です!

スポンサーリンク

地元を使った食材で前菜を

グランメゾン東京/Brise

 

 

ワインの生産地、山梨を訪れた後、今度は地元の食材を使って前菜づくりが始まります。

 

葉物や根菜類が登場します。

 

ここでの注目ポイントは、地元の「菊芋」を使って前菜を作るとのこと。

 

菊芋というと九州の方でよく使われる里芋。

 

ただこの菊芋は、山形県でも採れ、ゆべし等に使われている里芋になります。

 

山梨県では菊芋ではなく、「八幡いも」という種類の里芋が有名です。

 

 

 

グランメゾン東京/Brise

 

 

そして、鱈(たら)の白子の登場です。

 

とびっきりの白子というセリフからも、今回の前菜のメイン食材ですね。

 

山梨県には海が無いため、鱈は残念ながらとれません。

 

鱈を使った料理として有名な地域としてはやはり山形県の庄内地方

 

 

どんがら汁という郷土料理があります。

 


一部送料無料 期間限定 寒鱈汁セット約 3人前 レシピ付(作り方)/日本海産 鱈 たら タラ 真鱈 白子 かんだら ドンガラ どんがら 鍋 ドンガラ汁 山形 庄内 郷土料理 特産品 名産品 お土産 お取り寄せ 発送期間:1月下旬〜2月中旬

 

期間限定でどんがら汁が食べれるので、この機会にぜひどうぞ!

 

 

ここでもワインの地元の食材と合わせたいということで山形県が出てきましたね。

 

 

 

 

前菜「白子のポッシェ」

グランメゾン東京/Brise

 

ワインをメインにした前菜として完成した「白子のポッシェ」

 

グランメゾン東京第9話のタイトルでもありますよね。

 

ちなみにこの前菜には残念ながら菊芋は使われていないようです。

スポンサーリンク

Brise/2013はこのワインだった

グランメゾン東京/Brise

 

ということで、ここまでドラマの内容を通して、「Brise/2013」についてみてきました。

 

紹介されたワインの特徴や、訪れた場所からして山梨県北杜市明野で作られたワインということは間違いありません。

 

ただ地元の食材と合わせるという部分からすると、山梨県ではなく山形県をメインにしていますよね。

 

このグランメゾン東京では日本国内の食材で三ツ星をとるというコンセプトがあります。

 

なので日本ワインとして代表する地域として、両県が取り上げられた背景があります。

 

ここ数年で山形県も日本を代表するワインとして世界への認知が伝わってきています。

 

現在は山梨県と山形県のワイン二大名産地といっていいほど競い合っています。

 

 

 

キュヴェ三澤 明野甲州2013

 

今回の「Brise/2013」と同じ商品は、残念ながら現在は存在しません。

 

というのも実在してしまったらそのワイナリーに迷惑がかかってしまうからです。

 

それは当然というか、仕方がないことですよね。

 

ただグランメゾン東京第9話でモチーフになったワインは、こちらが有力視されています。

 

 

キュヴェ三澤 明野甲州2013
https://item.rakuten.co.jp/asahiya-wine/1531381/

※店舗改装中にて閲覧できない場合があります。ご了承願います。

 

この2013というのは、日本ワイン界にとって衝撃的な出来事が起こった年になるんです。

 

Decanter World Wine Awards2014(ロンドン)にて 2013年の 「キュヴェ・三澤 明野甲州」が日本ワイン初のゴールドメダルを 受賞した年になります。

 

この大会は世界最大のワインコンクールと言われています。

 

そこで金賞は快挙ですよね。

 

これは日本ワインを世界に認知してもらう大きな前進になりました。

 

それを機に日本ワインが世界で続々と賞を取ることになります。

 

日本でもこの賞の影響から、このワインや産地が大反響を受けました。

 

ただ値段を見ていただくと、現在は2013年産は2000円前後では買えません。

 

ドラマ内では2000円前後と言っていますよね。

 

ということはモチーフとなったワインは、2013年産ではありませんが、後継のこちらの商品になります。

 


雑誌 「一個人」 最高評価 グレイスワイン グリド甲州(白) 720ML

 

このワインは2000円前後という価格帯で、味も辛口でキリっとした味わいとして日本を代表するワインです。

 

 

さらに山梨県北杜市明野でつくられた明野ブラン/ワインはコチラになります。

 


グレイスワイン 甲州ワイン 白ワイン 国産ワイン 日本ワイン グレイス 明野 ブラン 2018 750ml(山梨/中央葡萄酒)GRACE AKENO BLANC

 

 

そして佐藤葡萄酒株式会社というワイナリーは存在せず、今回ご紹介した日本ワインのワイナリーはコチラになります。

 

中央葡萄酒グレイスワイン公式サイト
https://www.grace-wine.com/

スポンサーリンク

まとめ

 

今回はグランメゾン東京第9話で紹介された「Brise/2013」についてまとめてきました。

 

モチーフになったワインは、山梨県にある三澤農場/グレイスワインの「キュヴェ三澤 明野甲州2013」ということでした。

 

これを機に一度、山梨産のワインを味わってみてはいかがでしょうか?

 

少しでも参考になれば幸いです。

コメント