ドゥドゥが甲府から福岡へ移籍!怪我や実績、功績を網羅!

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府、背番号10のエースが怪我を乗り越えて見事復活しました!

2017年のヴァンフォーレ甲府の開幕戦はアウェイのガンバ大阪戦から始まりました。

吉田監督を迎えての新体制で挑む2017年シーズンの船出は決して悪いものではありませんでした。

開幕戦は強豪ガンバ大阪ということやアウェイの地での戦いということで難しい展開が予想されましたが、1-1のドローでの開幕スタート。

日程を見てみると開幕3連戦はガンバ、鹿島、浦和と強豪が続く日程が組まれていました。

結果は1分け2敗。

しかし第4節、第5節と連勝。しかも完封勝利を納め、第10節を終わって、3勝4分け3敗は過去の甲府から見てもかなり良い成績で、今年は中位を目指せるんじゃないかと思わせるほどでした。

ですがここから9節、約3か月間勝ち星から見放され、結果残留争いに加わる形になってしまいました。

そんな中で一人の外国人選手が苦しんでいました。

それは去年大活躍した背番号10のドゥドゥ選手です。

今回はそんなドゥドゥ選手にスポットを当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手のプロフィール

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ

氏名 ドゥドゥ
フリガナ ルイス エドゥアルド ドス サントス ゴンザガ
背番号 10
ポジション FW
身長 180cm
体重 75kg
利き足 右
誕生日 1990/04/21
出身地 ブラジル

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手の経歴

ここではドゥドゥ選手のサッカー経歴をおさらいしていこうと思います。

ドゥドゥ選手は2011年、バタタイスFCというクラブでプロのキャリアをスタートさせます。

その後、いくつかの国内クラブを経て、2013年にカンピオナート・ブラジレイロ・セリエB・CAブラガンチーノへ移籍。

2014年には、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエA・フィゲイレンセFCへ移籍します。

フィゲイレンセFCはJリーグでいう甲府みたいなチームでブラジル1部と2部を行き来しているチームです。

2016-シーズンは18位と低迷し、現在は2部に位置しています。

2014年6月には、Jリーグ・柏レイソルへ期限付き移籍が決定しました。

ヴァンフォーレ甲府

柏レイソルでは14試合に出場して5ゴールと悪くない成績でしたが、当時の柏レイソルは外国人のタレントも揃っており、完全移籍という形には至りませんでした。

チームの相性もありますしね。

そしてシーズン終了後には、フィゲイレンセFCに復帰します。

そして2016年7月、甲府のクリスティアーノ選手が柏レイソルへの移籍が決まり、その矛先の矢がたったのが、ドゥドゥ選手ということになりました。

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手の2016-

ヴァンフォーレ甲府

ドゥドゥ選手のヴァンフォーレ甲府に完全移籍することが決まり、移籍後初試合となるセカンドステージ第4節の鹿島アントラーズ戦、続く第5節の名古屋戦において2試合連続ゴールを決めるという鮮烈デビューを果たします。

結果的にヴァンフォーレ甲府移籍後のシーズンは11試合に出場して4ゴールの活躍

ただ数字以上にドゥドゥ選手の甲府への貢献度は高く、2016-のJ1残留はドゥドゥ選手がいたから出来たといっても過言ではありませんでした。

ただシーズン後半は決して完全な状態でのコンディションではなく、左ひざの怪我をおして出場でした。

ただ何度も言うようですが、ドゥドゥ選手の怪我をおしての出場が無ければ、残留は難しかったと思います。

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手の左ひざ

ヴァンフォーレ甲府

ヴァンフォーレ甲府としては2016-J1残留を果たし来季に向けて着々と準備を進めていきます。

もちろんドゥドゥ選手はチームの中心として2017-も考えられていました。

2016-シーズン終了後には怪我をおしての出場が響き、オフシーズンを利用して手術に踏み切ることになります。

それほど左ひざの状態は良くなく、結果として2017-の開幕にも間に合いませんでした

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手の2017-

ヴァンフォーレ甲府

2017-シーズンは第3節の浦和戦にベンチ入りからの途中出場でドゥドゥ選手の2017-が始まりました。

ここでも途中出場早々、1ゴールを挙げ、今年も復活!と誰もが期待したと思います。

ただ左ひざの状態はそんなに甘くなく、それ以降は途中出場が続き、シーズン中盤からは先発出場するものの、なかなかコンディションが戻ってきません。

チーム状況もあったかと思いますが、ドゥドゥ選手自身の成績もとても満足のいくものではありませんでした。

そしてチームは去年と同じような展開に…

今年は特に悪く、残留争いをしていた広島、清水に連敗、第26節のサガン鳥栖戦の時点ではとうとう降格圏へと脱落。

ただそんな中でも若干の兆しがあり、第24節の川崎フロンターレ戦ではドゥドゥ選手の1ゴールもあり、チームも一時は川崎相手にリードするという展開と内容は上向き加減でした。

そして点が取れない状態が続いていた甲府にとって複数得点は今シーズン2回目と、確かに手ごたえはあったと思います。

ただ勝ちきれない、後半最後での失点が多いと、なかなか結果が付いてきませんでした。

おそらく第26節のサガン鳥栖戦後、降格圏の甲府の現状は、多くの人が今年は厳しい、降格するなと思ったのではないでしょうか?

それほど降格争いをしている相手との敗戦や、周りのチームの状況をみると厳しかったです。

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手とリンス選手の再開

夏の移籍期間でのリンス選手の甲府への加入は大きかったと思います。

ドゥドゥ選手とリンス選手はブラジルのフィゲイレンセFCで一緒にプレーしていたこともあってか、加入早々からドゥドゥ選手との相性はとても良かったようです。

そしてそれが開花するのが第27節の横浜Fマリノス戦になります。

ドゥドゥ選手は2ゴールの活躍。

特に2点目のゴールに関しては、落ち着きが戻ってきた様子が伺えます。

今まではキーパーに引っ掛けたり、枠を外すことが多かったですからね。

そして甲府の3点目もドゥドゥ選手が倒されてのPK獲得。

本来だったらドゥドゥ選手が蹴って決めればハットトリックの展開。

ここでドゥドゥ選手はこのPKをリンス選手に譲ります。

試合後のコメントでドゥドゥ選手は「自身のハットトリックよりもチームを優先した」とのコント。

こういったところを見ても、相性の良さを感じますよね。

ヴァンフォーレ甲府/ドゥドゥ選手の完全復活

ヴァンフォーレ甲府/完全復活

そして、第28節のアウェイ・柏レイソルへと続きます。

相手の柏レイソルも上位争いで絶対に負けられない一戦。

しかも下位相手と若干のプレッシャーもあったのかもしれません。

試合展開はどちらもチャンスは決めるもののなかなか決めきれず、前半は0-0で折り返しました。

ここまでは正直甲府にとっては悪い展開ではなかったと思います。

逆に柏の方は焦りがあったかもしれません。

そして後半途中、ベンチはハーフタイムで腰回りに若干の違和感を感じていたドゥドゥ選手を交代しようと動きます。

その動きをみてドゥドゥ選手は交代を拒否します。

「俺はまだやれると」

そして、なかなか両者ともに得点を挙げられず、0-0の引き分けがみえかけた後半89分、まさかが起こります。

ハーフラインからのドリブルからの約20メートル付近からのロングシュート。

試合終了後、本人はこのゴールに対して、

「柏のDFが1人、2人ときたときにおそらくファウル覚悟で止めにきたと思う。ただ調子が良かったので行けるとこまで行こうと思った。そして柏DFを交わした後、右にリンス選手がみえたが、たぶんリンス選手では外すと思い自らシュートに持って行ったw」

と冗談を交えてコメントしている。

このコメントからみても、調子の良さを感じますね。

ヴァンフォーレ甲府/試合後

メディアにももちろん取り上げられて、第28節のベストイレブンにも選ばれました。

甲府のGK河田選手も選ばれていますね。

ヴァンフォーレ甲府/新聞にも…

ヴァンフォーレ甲府/新聞

甲府に差す

ドゥドゥ弾またも炸裂

上位相手に大きな連勝

こちら↓も良ければあわせてどうぞ。

ヴァンフォーレ甲府/選手<外国人>過去を振り返る!【ガチャまとめ】
今回はヴァンフォーレ甲府名物「外国人選手ガチャ2017-2018」についてまとめてみました。 甲府のシーズンを占うといってもいいほどの外国人選手の出来。 振り返りを交えながらお伝えしてみようと思います!

ドゥドゥ選手/2017年シーズンを終えて

2017年

ドゥドゥ選手が所属していたヴァンフォーレ甲府は、残念ながらJ2の降格が決まりました。

それにともなってか、年が変わった2018年1月、なかなかドゥドゥ選手の去就がハッキリしませんでした。

そして出た答えが、J2のアビスパ福岡への移籍

一応、レンタル移籍ではあるが、ほぼ完全移籍に近いような形での移籍となりました。

甲府にとって、ドゥドゥ選手の功績は計り知れないほど大きいと思います。

2017年シーズンこそ、チームは降格してしまいましたが、

2016年シーズンはドゥドゥ選手が居なかったら、

おそらく降格していた可能性が高かったでしょう。

それくらい功績が大きい選手の移籍。

しかも2018シーズン、同じJ2というカテゴリーで闘うチームへの移籍。

脅威であることは間違いなさそう。

ただ、福岡対甲府戦に限っては、出場不可の条件付きでの移籍となった。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ヴァンフォーレ甲府からアビスパ福岡への移籍が決まった、

ドゥドゥ選手にスポットを当ててお送りしていきました。

ドゥドゥ選手はまさしく甲府のエースでした。

もし2016-1017に、甲府にドゥドゥ選手が居なかったらと思うと本当にゾッとします。

アビスパ福岡でのドゥドゥ選手の活躍を願っています!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする