サッカー日本代表/欧州遠征<ブラジル&ベルギー>の日程やスタメンは?

サッカー日本代表

2017年9月、日本代表は無事6大会連続のW杯(ロシア)出場を決めました!

まだ記憶に新しいですよね。

オーストラリア戦の井手口選手のゴールは凄かった!

そして10月のキリンチャレンジカップを迎え、ニュージーランド(2-1)、ハイチ(3-3)と対戦。

1勝1分けという結果で幕を閉じ、順調のように思えた日本代表ですが、ハイチ戦の試合終了後、ハリル監督はご立腹の様子。

それもそのはず、ハイチ戦の内容はW杯出場国としては決してやってはいけない内容に終わってしまいました。

私も見ていましたが、2点先制から逆転され、アディッショナルタイムで日本が何とか追いつくといった展開は、見ていてどっちがW杯に出るんだろう(しかも日本のホーム)といった感じでしたし。

あとミスも多かったように思いました。

他にご覧になられていたいた方はどんな感想を抱いたでしょうか?

ハリル監督も試合後のコメントで「ブラジルだったら10点はとられていた内容」とバッサリ。

ブラジル代表かー。

そうなんです、2017年11月には欧州遠征と題して、ブラジル、ベルギーとの国際親善試合が行われます。

そこで今回は、11月の欧州遠征に先立って、日本代表のメンバーやブラジル&ベルギー戦のスタメン予想、日程等の情報をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

サッカー日本代表/欧州遠征日程

サッカー日本代表/欧州

日本代表の欧州遠征の日程は以下の通りになります。

日本代表 vs ブラジル代表
試合日:2017年11月10日(金)
会場:スタッド・ピエール・モーロワ(フランス/リール)
キックオフ:13:00(日本時間21:00)

日本代表 vs ベルギー代表
試合日:2017年11月14日(火)
会場:未定
キックオフ:未定

ベルギー代表との試合に関しては、まだ試合日以外は未定となっています。

詳細がわかり次第、更新していきますね。

サッカー日本代表/欧州遠征の放送予定

サッカー日本代表

今回の欧州遠征は、テレビ朝日系列が放送予定です。

ブラジル戦に関しては、キックオフ時間が13:00(日本時間21:00)と決まっているので、放送もこれに合わせてになります。

日本時間で21:00~はちょうどいい時間帯ですね。

ベルギー戦に関してもこのくらいの時間帯から放送だと助かりますよね。

W杯最終予選の最終節サウジアラビア戦は、ド深夜の放送だったのでツラかった人も多かったのでは。

追記:

ベルギー戦の試合日程が発表されました。

内容は以下の通りになります。

場所:ベルギー北西部のブルージュ

キックオフ:午後8時45分(日本時間15日午前4時45分)

放送時間がなんと、日本時間の15日午前4時45分~

早起きして観るしかないですね!!

ブラジル代表&ベルギー代表のレベルやランキングは?

ブラジル&ベルギー

ここでは今回の欧州遠征で対戦するブラジル代表&ベルギー代表のレベルについて軽く触れていこうと思います。

ブラジルはサッカーといったらブラジルといっていいほどの、サッカー大国ですね。

今回のW杯予選も、2位との勝ち点差10を付けての首位通過で、得失点も+30と圧倒的な攻撃力を誇ります。

FIFAランキングも現在2位と絶好調で、日本と対戦して負けたことがない強豪ですね。

そしてベルギー代表はというと、こちらもヨーロッパ予選を9勝1分け無敗と1位通過で出場を決めています。

ただベルギーは予選グループがギリシャ、ボスニア、エストニアと比較的恵まれていたグループだったので、そのあたりが少し気になりますが、それでも取りこぼしなく首位通過をしているので、実力は確かでしょう。

FIFAランキングも現在5位と乗りに乗っています。

ちなみに日本は現在40位、アジアでは第2位に位置しています。

このランキングはあくまで目安ですが、それにしても、2位、5位、40位では明らかに格上相手との対戦といって間違いないでしょう。

サッカー日本代表/欧州遠征のメンバーやスタメンは?

サッカー日本代表

では次にサッカー日本代表の話に移っていきたいと思います。

日本代表ハリル監督は、ハイチ戦終了後にこんなコメントを残しています。

「長年監督をしているが、こんな試合は見たことがない」

「こんな内容では次の試合(欧州遠征)のメンバーに残らない選手の方が多い」

このコメントを見る限り、今回の大会を通じて、多くの選手のテストは終わったと言ってもいいのかもしれません。

ただ今回のハイチ戦、結果は3-3と苦しい結果となったが、前半の入り方や攻撃陣はそれほど悪くなかったのではと思っています。

むしろニュージーランド戦よりも攻撃陣に関しては、ハイチ戦の方が良かったのではとも感じた。

しかし2点を先制してからは、全く別のチームになってしまったかのような集中力の切れ方。

このあたりが、最終予選でのメンバーと国内組を含めた今回のメンバーの差ではと感じました。

そこでまず話題になっているのが、ドイツ2部のウニオンベルリンに所属する、内田篤人選手です。

今回の欧州遠征に招集確実との報道がありましたが、残念ながら招集されることはありませんでした。

おそらく監督としては招集したい気持ちはあったとは思いますが、いかんせん所属チームで試合に出ていないという状態で、今回の欧州遠征に呼ぶというのは現実的ではなかったのでしょう。

内田選手はとても人気のある選手なので、今回代表に招集されなかったのを残念に思うサポーターも多かったのではないでしょうか。

余談ですが、内田選手って写真集やカレンダーだけでなく、こんな著書も出していたんですね。


【楽天】僕は自分が見たことしか信じない/内田篤人

サッカー日本代表/欧州遠征メンバー決定

サッカー日本代表

■GK
川島永嗣(メス/フランス)
東口順昭(G大阪)
西川周作(浦和)

■DF
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
昌子源(鹿島)
槙野智章(浦和)
三浦弦太(G大阪)
長友佑都(インテル/イタリア)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
酒井高徳(ハルンブルガーSV/ドイツ)
車屋紳太郎(川崎F)

■MF
長谷部誠(フランクフルト/ドイツ)
山口蛍(C大阪)
遠藤航(浦和)
井手口陽介(G大阪)
森岡亮太(ベフェレン/ベルギー)
長澤和輝(浦和)
倉田秋(G大阪)

■FW
大迫勇也(ケルン/ドイツ)
久保裕也(ヘント/ベルギー)
乾貴士(エイバル/スペイン)
浅野拓磨(シュトゥルム/ドイツ)
原口元気(ヘルタ・ベルリン/ドイツ)
杉本健勇(C大阪)
興梠慎三(浦和)

今回招集されたメンバーを見ると大きな特徴がいくつかあると思っています。

メディアでも言われているのが、チームを引っ張ってきたBIG3と言うんでしょうか、香川選手、本田選手、岡崎選手が選出されませんでした。

正直意外でした。

理由としては、ブラジルとベルギーといった強豪が相手で、こちらが主導権を握ることは難しい、凌ぐ時間帯が多くなる、ただその中でも何か侍魂で切り口を魅せてほしい。

そういった気持ちが入った今回のメンバー招集とのことです。

そして、こちらも意外だったのが、森岡亮太選手(ベフェレン/ベルギー)の招集です。

森岡亮太の現在は?ベルギー移籍金や年俸、海外の反応や動画を考察!
今回はヴィッセル神戸からポーランドへ渡り、現ベルギーで活躍し続けている、森岡亮太選手の生い立ちから現在に至るまでの道のりと、森岡選手のプレースタイルについてスポットを当ててみました。 ぜひご覧ください!

ベルギーリーグで13試合連続スタメン出場、6ゴール7アシストの成績を記録していて、ベルギーでも話題となっている選手。

こういった選手をこのタイミングで招集する、といった意外性な選考をするイメージがあまりなかったので、ここで招集された森岡選手も驚いたのではないでしょうか。

約3年ぶりの代表復帰になります。

そして一番の注目どころは、浦和レッズの選手を多く選出したという点です。

これはACLの準決勝での戦い方が大きく評価されたのではないかと考えています。

タレントが揃う対戦相手(上海上港)との苦しい戦いを合計2-1と見事に勝利し、決勝進出を果たしました。

特に第二戦目の1-0での無失点試合に関しては圧巻でした。

西川選手、初選出の長澤選手なんかはその象徴かなと。

あと槙野選手もACLでの活躍が無ければ、今回招集されていなかったのでは、とも思っています。

あと興梠慎三(浦和)選手が久しぶりに代表選出です。

現在Jリーグで得点ランキングトップ、ここで選出かといった感じです。

興梠選手のような体の使い方をするFWは、日本でも希少かなと感じていて、結果も出しているので、今回の招集は少し楽しみですね。

サッカー日本代表/欧州遠征のスタメンは?

サッカー日本代表/スタメン

ここでは欧州遠征のスタメンに触れていたいと思います。

W杯本大会を意識した布陣になると思われるので、おそらく【4-2-3-1】の守備的布陣から入るのかなと思われます。

まずキーパーに関しては、ハイチ戦3失点の結果もありますが、スタメンは川島選手でほぼ間違いないのかなと。

ただDFやフィールドプレーヤーとの兼ね合い、戦術的にロングボールからのカウンターといった展開が多くなることが予想されるので、西川選手の起用も十分に考えられると思います。

そしてハイチ戦で露呈したDF陣(ただこれはDFだけの問題ではないですが)。

長友、吉田、昌子、酒井(宏)の4バックが無難かなと。

昌子選手に関しては国際経験をより積ませたい、長友選手はハイチ戦ではキャプテンを任されていてハリル監督の信頼が厚そう、酒井(宏)選手はクラブで調子が良く評価も高い、吉田選手はDFの中心といった感じでしょうか。

ただニュージーランド戦でも1失点を喫しているので、より気持ちを引き締めさせるためといった面も含めの選出にしました。

そしてMFの2には長谷部、山口or井手口かなと。

ただ井手口選手は今回のキリンチャレンジカップのパフォーマンスはいまひとつとの評価で、しかも守備的に入ると予想し、山口選手かなと思われます。

基本は長谷部選手を軸にマッチングしていくことが予想されます。

そして4-2-3-1の3の部分には、正直守備が出来て走れる選手が多く揃っているので、あとは組み合わせ次第かなと。

例えばもし、森岡選手あたりを使うんであれば、他の2選手は前からボールを追っていける原口選手だったり。

今回の欧州遠征は対戦相手が格上なので、いかに守れて、この中で得点を見いだせるかといったところがポイントになってくると思うので、この中盤での掛け合いはとても大事になってきます。

今回の欧州遠征の肝(スタメンが一番楽しみ)なのが中盤でしょう。

すると必然的にワントップは大迫選手になります。

よっぽどのことがない限り、大迫選手のワントップは決まりかなと。

あとはそこの交代で、興梠選手or杉本選手といった感じでしょうか。

「いやいや、私だったらここはこうする」といった意見やコメントがありましたら、ぜひ記事下のコメント欄から書き込みお待ちしてます!

今回の記事の引用はこちらを参考にさせていただきました。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171011-00000293-sph-socc

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は2017年10月に行われた、キリンチャレンジカップの結果を受けて、11月の欧州遠征(ブラジル&ベルギー)についてまとめてみました

いよいよW杯本戦を来年に控えた今、今回の欧州遠征での国際経験は重要なものになると予想されます。

なかなか今回みたいな強豪と試合する機会って多くはないですしね。

ポイントはどこまでやれるのか。

結果次第では、さらなるメンバー選考もあり得るかもしれません。

まずは欧州遠征での試合を楽しみにしながら、サッカー日本代表を応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Lala より:

    内田篤人選手についてどう思いますか??

    • ひかしん より:

      コメントありがとうございます。
      内田選手のシャルケ時代のプレーが脳裏にある方の多くは、右サイドは内田選手しかいないだろうと思っているのではと。
      私ももちろんそうです。
      ただ最近は、クラブでも試合に出れず(しかもドイツ2部)、ロシアW杯まで残り半年ちょっとで、代表の酒井(宏)選手の評価が高いといった条件を考えると、厳しい(時間がない)のかなと思ってしまうのが正直なところです。
      あと実践からだいぶ離れているのも気になります。
      ウニオンベルリンに移籍後、すぐにスタメンに定着し試合に出続けていたら、もしかしたら今回の欧州遠征にも召集されたのではないかなと思っていました。
      キリンチャレンジカップ終了後に、内田選手に代表オファーとの報道が出たので、もしかしたらと思いましたが、実際のところはなかったようですし…
      こんな回答というか、私はそんな感じで今回の欧州遠征メンバー発表を見ていました^^