ジャカルタの夜遊び/風俗で3Pしてコタインダーへ行った感想!


 

 

酔っぱらい
酔っぱらい

ジャカルタっていうとインドネシアか

ピクト
ピクト

はい。
今回はジャカルタ夜遊びで特に有名な
「ホテルトラベル」「クラシックホテル」「ローカル置屋/コタインダー」
この3つの捜索に行ってきました。

 

酔っぱらい
酔っぱらい

他ブログやYouTubeでもたくさん情報がアップされているとこだな

ピクト
ピクト

ですね。

なので、率直に「ホテルトラベルとクラシックホテルの比較」「ホテルトラベル3Pの感想」「コタインダーの感想」を報告したいと思います。

 

 

場所や行き方などは、他のサイトでも数多く紹介されているので、ここではズバリ感じたことだけをお伝えしていきますね。

 

ぜひこれからジャカルタへ訪れる予定のある方には、参考にしていただければと思います。


ホテルトラベルとクラシックホテルについて

 

この2つの置屋は通称「ホテル置屋」と呼ばれています。

 

どちらも内容はほとんど変わりませんが、行くならホテルトラベルをオススメしたい思います。

 

クラシックホテルでは、例えば入場料のおつりをチップ代わりのようにボッタくってきます。

 

慣れていない日本人だとわからないままお金を取られている方も多いのではないかと。
(ただし金額としては2万ルピア160円くらいですが)

 

金額としてはそんな大したことないかもしれませんが、それでも許せないものは許せない。

 

 

 

ホテルトラベルで3Pした感想

インドネシア3P

 

 

金額は確か65万ルピア(5200円)くらいだったと思います。

 

値段だけ見たら、3Pでこの値段は破格ですよね!

 

人生経験として一度くらいは3Pを味わいたいならいいですが、内容自体は正直あまりおすすめはしません。

 

 

 

3Pをおすすめしない理由

 

まず、プレイは決まりきった内容。

 

一人が上半身を攻めながら、もう一人が下半身を攻める。

 

時間はおよそ90分。

 

これを2回に分けて行います。

 

なのでフィニッシュは2回OK。

 

上半身を攻めくる女の子はテレビ見ながらやってたり、、

 

 

そしてプレイ料金以外にも部屋では、ドリンク代を二人分知らない間に注文していて、10万ルピア×2の20万ルピア(1600円)を払わせられ。

 

そして2人だからかチップの要求もかなり強めで、1人に20万ルピアは当たり前だよ!の一点張り。

 

拒否し続けると、じゃ10万ルピアでいいよ、とのこと。

 

こっちは正直この時点で一切払う気はありませんでした。

 

ドリンク代も気に入らないし、プレイもとても満足できるものではなく、チップは気持ちという感覚があったからです。

 

なので最終的には、ドリンク頼んだりしたでしょ!と言い、それでも引き下がらない嬢たちを置いて、部屋を立ち去りました。

 

 

もし言われたまま支払っていたら、

プレイ代60万ルピア+ドリンク代20万ルピア+チップ40万ルピア=120万ルピア(約9600円)

それでも安いとは思いますが、こんな感じです。


 

ホテルトラベルでのお会計

ホテルトラベル3P

 

 

プレイ代は別で、内訳はこんな感じ。

 

ざっと日本円で1万円弱といった感じです。

 

コロナビールが1本あたり90000ルピア(720円)

 

Discってサービス料かな?

 

Sub totalをみると、346950ルピア(2800円)

 

ちょっと計算が合わないような気もしますが、何なんでしょうね。

 

 

こんな理不尽な思いをするなら、、

 

日本国内で、
こんなスレンダー美女と出会ってヤリまくってみてはいかがですか?

 

そんな時におすすめなサイトはこちら!
※今なら無料ポイント進呈中

 

 

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

PCMAXの登録はコチラ (無料ポイント付) (R18)

 

 

出会い系

YYCの登録はコチラ (無料ポイント付) (R18)

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!

出会い系サイト攻略/無料(課金なし)でヤレる方法【完全版】

 

 

 

コタインダーについて

 

コタインダーは地区の名前になります。

 

タクシーの運転手にコタインダーと言えばすぐに分かってくれます。

 

コタインダーには6店舗のローカル置屋が密集しています。

 

全店舗合わせると約500人以上いるのではないでしょうか。

 

その中でもおすすめなのが、ニューサリアユ(New Sari Ayu)になります。

 

ココにはある程度の日本語が話せるおばちゃんがいて、好みのタイプの子を聞いてくれて女の子を連れてきてくれます。

 

自分でじっくり選びたい場合は邪魔ですが、異国の地で日本語が話せる人がいるとやはり少し安心ですし、面白いですよ。

 

 

女の子を選んでいざプレイルームへ

コタインダー

 

コタインダー

 

 

階段を上っていくといくつかの部屋があります。

 

部屋は小綺麗にしてあり、シャワールームが併設されており、十分なレベルです。

 

 

コタインダー

 

日本語はほとんどわかりませんが、愛想が良く、小柄でかわいい子でした。

 

プレイ内容は、全身リップ、チュー、生フ〇ラ、本番などなど。

 

こちらの要望はよっぽどのことじゃなければ、受け入れてくれる感じでした。

 

フィニッシュ後は、少しチップをほのめかす感じもありましたが、払わなくても全然大丈夫です。

 

金額も3000円ちょっとと、正直、ホテルトラベルやクラシックホテルとはかなりの差です。



 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はジャカルタでの夜遊びについての感想をお伝えしていきました。

 

正直遊ぶなら、コタインダーの一択でいいくらいコスパはコタインダーがいいですね。

 

他の海外風俗と比べても、なかなかココと同じくらいの場所はないのでは。

 

ただジャカルタは日本から直行便だと7時間以上、値段も9万円くらいします。

 

 

それだったら同じ日本で、

 

出会い系

 

 

こんな子や、

 

 

出会い系

 

こんな子と、こんな変態プレイをしてみませんか?

 

 

今だったらこんなことが無料で出来ちゃいます。

 

ハッピーメールバナー

ハッピーメールの登録はコチラ (無料ポイント付) (R18)

 

 

そんなやり方を知りたいあなたはこちらもどうぞ!

出会い系サイト攻略/無料(課金なし)でヤレる方法【完全版】



コメント